はじめに   Leave a comment

こんにちは、小説&音楽サークル「Majestic Light」のアトモスと申します。
主に愛知県(名古屋近郊)で活動しています。
——————————————————-
「Majestic Light」メンバー

・アトモス
(代表:小説、音楽、動画制作を担当)

・みやこ 潤
(マンガ、イラスト、CDジャケットデザイン、グッズ関連を担当)
——————————————————-
みやこ 潤のプロフィールは本人のサイトにて。

パデン波塔
http://paden.littlestar.jp/

私、アトモスのプロフィールはこちら
——————————————————-
インターネットで配信している作品の一覧です。

・小説(長編)
https://majesticlight.wordpress.com/profile/page1-1/

・小説(短編)
https://majesticlight.wordpress.com/profile/page1-2/

・ボーカロイド曲(オリジナル)
https://majesticlight.wordpress.com/profile/page1-3/

・ボーカロイド曲(カバー)
https://majesticlight.wordpress.com/profile/page1-4/

・インストゥルメンタル曲
https://majesticlight.wordpress.com/profile/post1-5/

——————————————————-
競馬及びアイマス関連(現在は競馬観戦記、東海公営競馬予想、アイマスシリーズのプレイ日記が中心)のブログはこちら

NOT STRAIGHT
http://atmosphere9866.wordpress.com/

よろしくお願いいたします。

広告

18/03/19 2018年プロ野球順位予想   Leave a comment

さて、オープン戦もまだ続きますが、今年のプロ野球の順位予想をしたので早速公開します。

◎セントラルリーグ

1位 広島東洋カープ

野村、大瀬良、薮田、岡田と若い先発陣も調整は順調。リリーフ陣も一岡、今村、中崎、中田、ジャクソンと厚く、死角はこれと言って見当たらない。
野手では田中、菊池、丸が鉄壁の守備を誇り、打撃は松山、鈴木誠、エルドレッドなどが好調。若手からベテランまで実力者が揃っており、リーグ優勝の一番手であることは間違いない。

2位 横浜DeNAベイスターズ

今永、濱口、ウィーランドが故障で開幕は難しいとされているが、石田、熊原、飯塚、バリオスなどが控えており、先発の穴はひとまず埋められそう。リリーフは三嶋、進藤、櫻井が好調。守護神の山崎も順調な仕上がり。
野手では阪神から加入の大和がどのような活躍をするか。桑原、ロペス、倉本、宮崎といった昨年の主力に加え、オープン戦好調の佐野やソトがおり、層は厚い。投打が噛み合えば久々の優勝もある。

3位 読売ジャイアンツ

エースの菅野は盤石。生え抜きの田口や、野上、山口俊、吉川光といった移籍組を加えれば、それなりに戦力は揃っている。
リリーフでは復活を賭ける澤村や、マシソン、桜井、田原、戸根、谷岡なども奮闘している。
野手では陽岱鋼や中井、岡本、大城、ゲレーロが好調。打力がアップすれば、Aクラスは堅い。

4位 阪神タイガース

メッセンジャー、能見と先発陣は高齢化が進み、不安は拭えない。このところ調子が出ない藤浪の復活はあるか。昨季は高橋聡、マテオ、桑原、ドリスなどリリーフ陣の粘りでAクラスを掴んだが、酷使の反動が気になるところ。
野手では糸井、福留といったベテランと、大山、糸原、中谷といった若手の力が噛み合えば得点力もアップするはず。期待の大砲、ロサリオが日本の野球に適応できれば、更に躍進。

5位 中日ドラゴンズ

先発は小笠原、柳、笠原、鈴木翔、若松など活きのいい若手が揃っているが、年間通して活躍するのは難しいと見る。ジー、大野、吉見、松坂あたりがローテを守るなら、なんとか持ちこたえられるか。まだまだ成長途上の選手が多いだけに、今年は飛躍の年にしてほしいところ。
リリーフでは谷元、鈴木博、又吉、祖父江、田島あたりに期待したい。
野手陣は若返りが進みそうだが、まだ成長途上だけに当面はビシエド、アルモンテ、モヤに頼るしかなさそう。高橋、京田、福田などの成長を見守りたい。

6位 東京ヤクルトスワローズ

今年も投手陣は苦戦を強いられそう。石川の不調に、故障にあえぐ館山、由規、小川。当面はブキャナン、ハフといった外国人に頼らざるを得ないか。原樹や寺島もまだまだこれからの投手だけに、長い目で見るべき。
リリーフも層が薄いが、石山、秋吉あたりに期待したい。
野手は青木の復帰で外野の定位置争いが激しくなりそう。坂口や山崎、バレンティンをどう起用するか。山田哲の復調も上位を争うためには必須条件。昨年は故障に泣いた畠山や川端にも注目したい。

◎パシフィックリーグ

1位 福岡ソフトバンクホークス

先発陣は武田、東浜、千賀、バンデンハーク、石川と粒ぞろい。リリーフも嘉弥真、森、岩嵜、モイネロ、サファテと揃っており、層の厚さなら12球団で随一なのは明らか。
野手も甲斐、今宮、本多、内川、松田、中村、柳田、デスパイネといった主力が順調に仕上げてきており、死角はないと見る。

2位 埼玉西武ライオンズ

先発陣は菊池、ウルフ、高木、十亀、高橋光と実力派が揃っている。リリーフも平井、大石、豊田、野田、小石、武隈、高橋朋、増田と盤石。
野手も秋山、源田、金子侑、外崎といったスピードを活かすタイプと、森、浅村、山川、中村といった長距離砲もおり、バランスが取れている。
これといった故障者が出ない限りは、上位は堅いと見る。

3位 オリックス・バファローズ

先発陣は金子の不調が気になるが、西、山岡、ディクソンあたりは安泰。アルバースや田嶋の加入でどれだけ戦力を底上げできるか。
リリーフはMLBに移籍した平野の穴を埋めるべく、増井を獲得。黒木、近藤、大山、金田あたりも期待できる。
野手はロメロを中核に、吉田正、マレーロ、T-岡田と大砲は揃っている。安達、西野、大城といった中堅どころ、それに宗や山足といった若い力も躍動しており、今年は面白いシーズンになりそう。

4位 千葉ロッテマリーンズ

MLBへの移籍を希望していた涌井が残留し、戦力ダウンは免れた。涌井に次ぐところでは石川、酒居、二木あたりが先発陣の軸になると思われる。あとはオルモス、ボルシンガーあたりがどこまでやれるか。リリーフは田中、大谷、松永、南、有吉、内、益田あたりが中心となるか。
野手陣は中村、平沢、三木あたりが伸びてきている。長打力不足が懸念されているチームだけに、井上やドミンゲスの活躍も上位進出のカギとなるだろう。福浦、荻野、根元といったベテランの活躍にも期待。

5位 東北楽天ゴールデンイーグルス

先発は則本、岸、美馬、藤平らが中心となるか。リリーフにもハーマン、福山、高梨、松井などがおり、投手はそれなりに揃っている。
野手はウィーラー、アマダー、ペゲーロの外国人トリオが脅威だが、攻撃としては一発狙いの大味な面も拭えない。岡島、島内、銀次、藤田、内田、今江あたりがきめ細やかなプレーができれば上位進出もあるか。

6位 北海道日本ハムファイターズ

大谷が抜け、エース不在の先発陣。高梨、上沢、加藤、ロドリゲス、マルティネスあたりが先発を務めることになると思われるが、先行きは不安。
リリーフは宮西、鍵谷、白村、トンキン、井口あたりはそこそこやれそうだが、投手陣の弱体化は顕著に見られる。
野手陣はメンツが揃っており、レアードや横尾は好調。西川や近藤も一年通して活躍すれば良績を残せるだろう。主砲・中田の復活と松本、平沼ら若手の成長も期待したい。

アトモス による Uncategorized への投稿 (Uncategorized)

17/10/09 オリックス・バファローズ 2017年総括   Leave a comment

さて、今日でオリックス・バファローズの公式戦日程が終了したので、早速総括を。

オリックスは63勝79敗1分で4位でした。今年もクライマックスシリーズ出場はなりませんでしたが、なんとか最下位は脱出ですね。

まず先発投手ですが、金子千尋は12勝を挙げ勝ち頭に。エースの責務は果たしましたね。ディクソンは今年も2桁勝利はならなかったものの8勝を挙げてローテを守りました。西はシーズン途中の故障で規定投球回には到達しませんでしたが、5勝を挙げましたね。
大活躍したのはルーキーの山岡。新人ながら8勝を挙げ、なかなかの成績を残しました。来季も期待したいですね。また、同じくルーキーの山本も、初勝利を挙げました。高卒ルーキーだしまだ伸びしろはあると思うので、いずれはローテの一角に食い込んでくると思います。
先発左腕として期待されたコーク、松葉、山崎福、山田はいずれも結果を残せず。左腕不足の懸念はありますね。

中継ぎでいいところを見せたのは、まずはルーキーの黒木。さすがにシーズン通して活躍はできませんでしたが、前半戦の活躍は見事でした。
更には2年目の近藤、ルーキーの小林、新外国人のヘルメンも中継ぎでまずまずの成績を残しました。左のサイドスロー、大山もようやく出番を得ました。

そして抑えは平野が29セーブ。期待に応えられない試合もありましたが、守護神としての役割は果たしたと思います。来年はメジャー挑戦も噂されますが、今後の動向に注目したいです。

捕手は若月、伊藤が激しいポジション争いをしました。やはり経験のある伊藤にアドバンテージはありますが、若月もそれに負けずに切磋琢磨してほしいですね。
山崎勝、伏見は出番が減りつつありますが、奮闘してほしいです。

内野手はベテランの小谷野、中島が奮闘をみせました。途中加入したマレーロも、一塁を守る機会を得ましたね。
中堅どころでは小島、西野が二塁争いを展開。遊撃は安達が潰瘍性大腸炎を患いながらも溌溂としたプレーを見せてくれました。
若手では大城、鈴木昂、宗、岡崎らが台頭。まだまだこれからの選手たちですね。

外野はT-岡田、ロメロ、吉田正と強打者が揃いました。T-岡田は全試合出場&31本塁打と素晴らしい内容でした。ロメロと吉田正も怪我もありましたが、いい成績を残しました。来季は怪我なく出場してほしいですね。
中堅どころでは宮崎、小田、それに若手は駿太、武田が定位置を争いました。来年はもっと力をつけて、定位置奪取できるところまでいってほしいですね。

さて、福良淳一監督は来年も続投。オリックスはもう一回り大きくなって、念願の優勝を目指して突き進んでほしいです。期待は高まりますね。

私は来年も、オリックス・バファローズを熱烈応援したいと思います。

17/08/18 短編ファンタジー小説「光と影 ~咆哮の丘~」をUP   Leave a comment

さて、唐突ではありますが、私が20年前くらいに書いた短編ファンタジー小説「光と影 ~咆哮の丘~」をpixivにUPしました。
かなり文章は荒いですが、個人的には思い入れのある作品です。
お時間がありましたら、読んでみてください。

本編
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8556763

あとがき
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8556845

17/08/13 ナゴヤドーム「中日×ヤクルト」を観戦   Leave a comment

今日は、東京に住んでいる30年来の親友を誘って、ナゴヤドームの「中日×ヤクルト」を観戦しました。

さて試合ですが、中日は吉見、ヤクルトは由規が先発でした。吉見は初回にヤクルトの4番、山田にタイムリーを浴び1点を失いましたが、なんとか踏ん張りました。
その裏の中日はルーキー京田が先頭打者で2ベースを放ってチャンスを作ると、大島がタイムリーでランナーを還し同点としました。
更に3回の中日はゲレーロが3ランを放ち勝ち越しに成功。更に6回に福田にも3ランが飛び出してリードを広げました。
吉見はリベロにもタイムリーを浴びましたが、7回を2失点で切り抜けましたね。

そして8回は又吉、9回は谷元のリレーで逃げ切りました。
7-2で中日の勝利。いやー、中日ファンとしては気持ち良かったですね。

試合後はナゴヤドーム前のイオンで親友といろいろ見て歩いた後、金山へ移動。金山の「マ・メゾン」でロースかつ丼を食べて帰りました。値段も「矢場とん」とそれほど変わらないし、味もまあまあでしたね。

17日にはまた親友と名古屋港水族館へ行く予定です。楽しみですね。

17/08/03 ナゴヤ球場で二軍戦観戦&大須で買い物   Leave a comment

さて、今日は昼からナゴヤ球場へ行き、二軍戦「中日×ソフトバンク」を観戦しました。

試合は途中まで接戦になりましたが、3-6でソフトバンクが勝利しました。
中日は小熊が8回まで力投しましたが、9回を任されたロンドンが打ち込まれてしまいましたね。
ソフトバンクは山田、古谷、笠谷、加治屋のリレーで逃げ切りました。
中日の野手は高橋、石川、森野というクリーンナップでしたが、なかなか良かったと思います。
近藤や赤坂もヒットを放つなど活躍。また一軍で活躍する姿が見たいですね。

その後は大須へ行き、買い物を楽しみました。夕食はスガキヤでラーメンを食べ、満足ですね。
ちなみに買ったものは以下の通りです。

GBA「ポケットモンスター ファイアレッド」
FC「サッカー」
FC「ナムコクラシック」
XBOX360「Steins;Gate」

CD「アイドルマスター MASTER ARTIST3 PROLOGUE『ONLY MY NOTE』」

またゲームを増やしてしまいましたw 時間を計画的に使って、ゲームをプレイする時間を捻出したいですね。

17/07/12 豪打一振で流れをその手に(2017年オリックス前半戦総括)   Leave a comment

さて、プロ野球も前半戦を終えましたが、ここで毎年恒例の前半戦総括を。

オリックスは80試合を消化し、38勝41敗1分で4位です。開幕戦こそ3連敗したものの、4月は好調で貯金もありました。しかし、4番ロメロの故障離脱後の5月は負けが込み、一気に順位を落としてしまいました。
しかしロメロが復帰した6月以降は堅実に勝ち星を重ね、なんとか借金完済も見えてきました。

まず先発ですが、エース金子千尋は7勝を挙げ、なんとか役割を果たしています。最近は一発を打たれることが多いのが気になるので、後半戦は修正してほしいですね。
ディクソンも金子と同じく7勝とチームの勝ち頭。悲願の年間10勝まであと3つですね。
先発投手では他に西、松葉、山崎福也、そしてドラフト1位ルーキー山岡が奮闘しています。とりあえず先発陣は安定していると言えますね。
中継ぎではルーキーの黒木がセットアッパーとして定着。威力のあるストレートが持ち味のピッチャーですね。
あとは2年目の近藤、赤間。こちらもルーキーの小林や澤田も存在感を示しています。若い力が躍動しているのは本当に嬉しいです。まだまだ伸びしろがありそうだし、楽しみですね。
そして守護神、平野は危ない場面も目立ちますが、なんとかクローザーとしての役割は果たしています。

打線は新外国人のロメロが16本のホームランを放つなど、期待以上の活躍ですね。T-岡田も前半戦は好調で18本のホームランを放ちました。途中加入の新外国人、マレーロも活躍しているし、今は故障離脱していますが2年目のモレルもいい場面で打ってくれることが増えました。
あとはベテラン小谷野の復活もチームに活気を与えましたね。勝負強い打撃が売りのバッターだし、後半戦も頑張ってほしいです。
こちらもベテランの中島も好調でしたが、事故で怪我をしてしまったので、早い復帰を待ってます。

若手では大城、駿太、武田が結果を残せるようになってきました。特に駿太、武田は糸井の穴を埋める重要な役割を背負っているので、その活躍に期待しています。

そして前半戦終盤には2年目の吉田正尚が復帰。特大のホームランを放つなど、実力の違いを見せつけました。後半戦に大暴れしてくれると嬉しいですね。

西野、安達、宮崎、川端といった中堅どころは不調で、ベンチスタートの試合も増えています。実績はあるだけに、後半戦は奮起してほしいですね。

正捕手争いは若月が一歩リードでしょうか。けれど金子が先発の時には伊藤がマスクを被っていますよね。切磋琢磨して、お互いにプレーのレベルを上げていってほしいです。

とにかく今は打撃が好調なオリックス。豪打一振で流れをその手に収めてほしいですね。
オールスター明けの快進撃に期待しています。

17/07/05 「ウマ娘」の行く末やいかに   Leave a comment

さて、最近気になっているコンテンツがありまして。

「ウマ娘 プリティーダービー」

https://umamusume.jp/

まあ、要するに競走馬の擬人化コンテンツです。
最近は軍艦を擬人化した「艦隊これくしょん(艦これ)」や、刀剣を擬人化した「刀剣乱舞」など、擬人化コンテンツがヒットを飛ばす例が数々あります。
今はネットラジオやマンガ、CDなどを展開していて、来年にはアプリとアニメのリリースを予定しているようですね。
7/1時点でウマ娘は59人に増えました。

コンテンツプロデューサーは、かつて「アイドルマスター」にも携わった石原章弘さん。ウマ娘達のキャストも「アイドルマスター シンデレラガールズ」に起用されている声優さんが多く、アイマスファンとしては気になりますね。

個人的にはサイレンススズカが好みですかね。アイマスで例えるなら、雪歩のような可憐で儚げな雰囲気と、千早のようなストイックな性格が堪らないですねw
あと、大食いで天然キャラのオグリキャップもなかなかいいです。

でもこの作品、競馬好きのアニメ、ゲームファンからはあまり評価されていないようで……運営もまだユーザーの反応を伺っている段階かもしれませんね。
噂によると、サンデーレーシングと金子真人ホールディングスの競走馬は馬名使用許可が下りなかったと言われていますが、真偽のほどは定かではないです。
(でも、ディープインパクトやキングカメハメハがいないのを見ると、やはりそうなのかなぁと思ってしまいますが)

ともかく、競馬&2次元アイドル好きとしては、今後の展開から目が離せないです。「ウマ娘」の今後を見守っていきたいですね。