はじめに   Leave a comment

こんにちは、小説&音楽サークル「Majestic Light」のアトモスと申します。
主に愛知県(名古屋近郊)で活動しています。
——————————————————-
「Majestic Light」メンバー

・アトモス
(代表:小説、音楽、動画制作を担当)

・みやこ 潤
(マンガ、イラスト、CDジャケットデザイン、グッズ関連を担当)
——————————————————-
みやこ 潤のプロフィールは本人のサイトにて。

パデン波塔
http://paden.littlestar.jp/

私、アトモスのプロフィールはこちら
——————————————————-
インターネットで配信している作品の一覧です。

・小説(長編)
https://majesticlight.wordpress.com/profile/page1-1/

・小説(短編)
https://majesticlight.wordpress.com/profile/page1-2/

・ボーカロイド曲(オリジナル)
https://majesticlight.wordpress.com/profile/page1-3/

・ボーカロイド曲(カバー)
https://majesticlight.wordpress.com/profile/page1-4/

・インストゥルメンタル曲
https://majesticlight.wordpress.com/profile/post1-5/

——————————————————-
競馬及びアイマス関連(現在は競馬観戦記が中心)のブログはこちら

NOT STRAIGHT
http://atmosphere9866.wordpress.com/

よろしくお願いいたします。

20/08/16 音楽活動、再開します   Leave a comment

さて、今年は年始から、小説「Smoky Breath 2nd」の執筆を続けていました。
そのために音楽活動をしばらく休止していましたが、今月から音楽活動を再開し、小説執筆を当面休止することにしました。

というのも、Twitterで相互フォローさせていただいている弧月蒼后さん(@ainokiseki0615)から、オリジナル小説「冥聖のアンティフォナ」のBGMとテーマソング制作のご依頼を頂きまして。それに、相互フォロワーのしのあさん(@shinoa14)からも楽曲制作依頼を頂いており、少し早いですが音楽活動再開を決めた次第です。

本来なら「Smoky Breath 2nd」を完結させてから音楽活動に移る予定でしたが、1年近く休んで充電できたので、前倒しして音楽活動に移ることとしました。

今後は音楽活動を優先するため小説執筆はしばらく休止しますが「Smoky Breath 2nd」は必ず完結させたいですね。プロットを練り始めてから、かれこれ20年以上経つ作品なので、思い入れは深いです。

メインPCも直ったことだし、まずは音楽制作環境を整えることを最優先としたいです。
なんとかハードウェア音源のドライバやDAWソフトなどはインストールできたので、これからコツコツと音楽制作を進めていきたいです。

以上、ご報告でした。

19/04/20 大須巡り+α   Leave a comment

さて今日(4/20)ですが、友人のおやびんさんと大須巡りに行ってきました。

地元駅の書店でおやびんさんと合流し、しばらく本を見て回っていました。そして、ゲーム雑誌を見ようと「ファミ通」を手に取ったところ……

表紙が「アイドルマスター シャイニーカラーズ」(シャニマス)でしたw
DLCも付録についているし、買うしかなかったですね。いやはや、こんなところにトラップが仕掛けられているとは……w
ちなみに私はシャニマスでは幽谷霧子担当Pです。櫻木真乃や大崎甜花も好きですがw

そんなこんなで11時を回り、おやびんさんと一緒にCoCo壱へ。

私はいつも昼食を軽くしか食べないので「ほうれん草カレー、ライス200g」にしました。
やはりCoCo壱のカレーは美味しいですね。私は大学生時代を島根県松江市で過ごしましたが、松江にもCoco壱はあったので、よく食べてました。

その後はJRと地下鉄を乗り継いで、大須へ到着。
まずは「ゲーマーズ」に足を運びました。

そして「シャニマス」のCD「BRILLI@NT WING03 バベルシティ・グレイス」を購入しました。
シャニマスの「BRILLI@NT WING」は全部で4枚ありますが、まずは霧子がいるユニット「アンティーカ」のCDを押さえました。いずれは4枚全部欲しいですね。

その後は「スーパーポテト」や「MEIKOYA」などでレトロゲームを見てました。積みゲーが溜まっているので今月はゲームを買わないと決めているので、なにも買いませんでしたが。
「Wonder Goo」にも寄り道。コミック版「ウマ娘 STARTING GATE」が試読できたので、おやびんさんにスペシャルウィークとサイレンススズカを紹介してましたw 「ウマ娘 STARTING GATE」はCygamesのコミックサイト「サイコミ」でも読めますけどね。

そして喫茶店でアイスコーヒーを飲みながら休憩し、それから「まんだらけ」へ。フィギュアやCDを漁っていました。
そして、「アイマス」のCDがないか探していたところ、とんでもない物が。

「アイマス」アニメのCD「ANIM@TION MASTER」の5枚組セットが1,500円で売っていました。しかもBOX付きで。いやー、これはもう絶対に買うしかなかったですねw

それと、「デレマス」の「CINDERELLA MASTER 006 神崎蘭子」も購入。
最近は「デレステ」をゴリゴリプレイしているので、どうしても欲しかったですね。蘭子は重度の中二病ですが、根は素直でいい子ですね。可愛いですw

「第1アメ横」にも寄り、おやびんさんが「ドクターペッパー」にチャレンジ。人を選ぶ飲み物ですが、おやびんさんは「それほど不味くない」とおっしゃっていましたね。

そして最後に、沖縄県の物産店に寄り道し、これを購入。

ドクターペッパーよりも更に人を選ぶと言われる飲み物「ルートビア」です。
マイミクの藍沢篠さんが勧めて下さったので、試しに1本だけ購入。飲んでみての感想はまた後日報告しますw

そして地元駅へ戻り、おやびんさんが帰られたので私は地元の「宝島」「ドンキホーテ」「GEO」に寄り道してました。
「宝島」ではゲームを一通り見て回り、PS3やPSVITAのソフトがだいぶ安くなっているのを確認してきました。
宝島は一応レトロゲームも置いてますが、今後はSwitchかPS4を中心にするんでしょうか。
そして「ドンキホーテ」ではドクターペッパー500mlを4本買い溜めw 1本85円なので嬉しいです。
最後に「GEO」に寄って少しゲームを見た後に帰路へ就きました。

いや、本当に充実した一日でした。
おやびんさん、今日はありがとうございました。また大須には足を運びたいです。

19/04/18 ナゴヤ球場「中日×阪神」を観戦+α   Leave a comment

さて昨日(4/18)ですが、ナゴヤ球場へウエスタンリーグ公式戦「中日×阪神」を観戦しに行きました。

家を出たのは10時半くらいでしたが、地元駅から名古屋へJR東海道線で行くつもりが、ダイヤが大幅に乱れており、20分遅れの電車に乗りました。早めに家を出ておいてよかったです。

そんなこんなでナゴヤ球場の最寄り駅、尾頭橋駅に到着。開門の5分前に球場に着きました。平日の昼でしたが、想定以上のお客さんが詰めかけていましたね。

3塁側の席を陣取り、試合前に写真を一枚。

中日はこの日、一軍の試合が休みだったので、一軍の選手も試合に出場していました。
1番渡辺、2番三ツ俣、3番井領というスタメンでしたね。なお、先発投手はロメロでした。

試合は先頭打者の渡辺がいきなりスリーベースを放ち、三ツ俣の内野ゴロの間に生還。幸先よく1点をもぎ取りました。この日は2安打、早く一軍初ヒットが見たいです。
4番のモヤも一発狙いのバッティングでしたが、ツーベースも放ちました。好調をアピールですね。
亀澤も7番でスタメン出場。セカンドだけでなくサードも守りました。攻守に渡りいいところを見せて、また一軍でプレーできるようアピールしてほしいです。

先発のロメロは速球に頼らず、スライダーを試していましたね。ストレートはMAX148km/hでした。5回まで投げましたが、空振り三振が結構取れていたので良かったと思います。
6回からは三ツ間、岡田、小熊、伊藤準規のリレー。岡田が阪神の4番、陽川にソロホームランを浴びましたが、その1点だけに抑えました。

阪神の先発、望月も7回まで1失点とナイスピッチング。打線も3番高山、4番陽川、5番俊介のクリーンナップが好調でした。

試合は1-1で9回引き分けでした。ドローにはなりましたが、なかなか見どころのある試合でしたね。

試合が終わった後は金山駅まで歩くことにし、途中にある和菓子屋さんで父の大好物である最中を買いました。そして金山駅に到着してからは地下鉄で矢場町まで行き、Loft、ヨドバシカメラ、PARCOに寄りました。
Loftではボーカロイドのグッズが期間限定で売っており、ラバーストラップを1個だけ買いました。初音ミクか巡音ルカが出たらいいなと思いましたが……

中身は鏡音リンでした。まあ、リンも好きだし、手に入って良かったです。

ヨドバシカメラはPCやタブレットが安く売ってないかどうかチラ見した程度でした。
PARCOに着いてからは、まず島村楽器でキーボードを見ました。Rolandの欲しいキーボードが7万円くらいで売っているので、お金が貯まったら買いたいです。あとは、クラシックの楽譜とかバンドスコアとかも見てましたね。
その後はアニメイトでCDをいろいろ見ました。「アイドルマスター シャイニーカラーズ」のCDが豊富に置いてありましたが、手は出さず。いずれは欲しいんですけどね。

最後に、地下鉄で名古屋駅まで戻り、駅西のビックカメラへ寄り道。
ゲーム、フィギュア、本などを見て回っていました。

気が付けば20時を回ろうとしていたので、急いで帰路に就きました。
いや、久々の名古屋、楽しかったですね。明日(4/20)はまた大須へ行くので楽しみです。

19/04/14 GBA版「ベストプレープロ野球」シミュレーション結果(クライマックスシリーズ&日本シリーズ結果)   Leave a comment

では、GBA版「ベストプレープロ野球」シミュレーションのクライマックスシリーズ、日本シリーズの結果を発表します。

まずはクライマックスシリーズ。

セ・リーグはファーストステージで広島とDeNAが戦い、広島がファイナルステージ進出。
しかしファイナルシリーズでは優勝チームの巨人が日本シリーズ進出を決めました。
パ・リーグはファーストステージで西武とソフトバンクが戦い、ソフトバンクがファイナルステージ進出。
そしてファイナルステージは優勝チームの日本ハムが日本シリーズ進出を決めました。
終わってみれば優勝チーム同士の日本シリーズになりましたね。

続いて日本シリーズ。

日本シリーズは巨人がストレートで日本ハムを降し、日本一に輝きました。

最後に、個人タイトルのまとめを。

セ・リーグ野手部門は広島の鈴木誠也が打率4割を達成するなど、打撃で凄まじい結果を残し二冠王に輝きました。あと1本ホームランを打てば三冠王でしたね。
本塁打王はDeNAのソト、盗塁王は中日の大島がタイトルに輝きました。
セ・リーグ投手部門は最優秀防御率、最多勝、最多奪三振を巨人の菅野がタイトル獲得。
セーブ王にはDeNAの山崎、最高勝率は広島の大瀬良が輝きました。

パ・リーグ野手部門はソフトバンクの柳田が三冠王に輝くなど、タイトルを総なめにしました。
西武の外崎も盗塁王のタイトルを獲得です。
パ・リーグ投手部門は日本ハムの上沢が最優秀防御率、最多勝、最高勝率のタイトルを獲得。
最多勝はソフトバンクの千賀と日本ハムの有原も受賞です。
最多セーブには西武のヒース。最多奪三振は楽天の岸が輝きました。

セ・パ共に打高気味のシミュレーションでしたが、今回もなかなか面白い結果が出ました。
まだ現実のプロ野球も始まったばかり。何が起こるか分からないのも楽しみの一つです。
毎度の自己満足シミュレーションですが、見ていただきありがとうございました。

19/04/13 GBA版「ベストプレープロ野球」シミュレーション結果(シーズン終了時点)   Leave a comment

さて、GBA版「ベストプレープロ野球」シミュレーションがシーズン終了まで進んだので、その結果を。

セ・リーグは巨人、パ・リーグは日本ハムが優勝しました。
巨人は投手力で他チームを圧倒。2位争いは広島とDeNAが勝率で並びましたが、直接対決で勝ち越している広島が2位。DeNAは3位となりました。中日、阪神、ヤクルトがBクラスです。
日本ハムは投打が噛み合い、文句なしの優勝。西武が後半戦で追い上げて2位。ソフトバンクが3位に残りました。オリックス、ロッテ、楽天がBクラスです。

クライマックスシリーズ、日本シリーズは明日に結果を発表する予定です。

以下、個人タイトル。

・セリーグ野手部門

◎打率

1 鈴木 誠也(広) .401
2 大島 洋平(中) .362
3 ロペス(De) .337
4 宮崎 敏郎(De) .324
5 ソト(De) .321

◎本塁打

1 ソト(De) 45
2 鈴木 誠也(広) 44
3 丸 佳浩(巨) 43
4 山田 哲人(ヤ) 30
5 岡本 和真(巨) 28

◎打点

1 鈴木 誠也(広) 134
2 ソト(De) 114
2 アルモンテ(中) 114
4 丸 佳浩(巨) 111
5 岡本 和真(巨) 107

◎安打数

1 鈴木 誠也(広) 213
2 大島 洋平(中) 200
3 ロペス(De) 183
4 宮崎 敏郎(De) 177
5 ソト(De) 168

◎盗塁

1 大島 洋平(中) 28
2 山田 哲人(ヤ) 15
3 田中 広輔(広) 10
3 丸 佳浩(巨) 10
3 糸井 嘉男(神) 10

◎出塁率

1 鈴木 誠也(広) .478
2 大島 洋平(中) .429
3 丸 佳浩(巨) .399
4 ロペス(De) .395
5 ソト(De) .394

・セリーグ投手部門

◎防御率

1 菅野 智之(巨) 1.90
2 大瀬良 大地(広) 2.68
3 メルセデス(巨) 3.26
4 大貫 晋一(De) 3.35
5 野村 祐輔(広) 3.46

◎勝利

1 菅野 智之(巨) 16
2 大瀬良 大地(広) 13
2 吉見 一起(中) 13
4 中川 皓太(巨) 12
5 山口 俊(巨) 11

◎セーブ

1 山崎 康晃(De) 41
2 クック(巨) 34
3 中崎 翔太(広) 31
4 鈴木 博志(中) 24
5 藤川 球児(神) 17

◎奪三振

1 菅野 智之(巨) 179
2 メッセンジャー(神) 144
3 大瀬良 大地(広) 143
4 西 勇輝(神) 132
5 メルセデス(巨) 130

◎勝率

1 大瀬良 大地(広) .813
1 吉見 一起(中) .813
3 菅野 智之(巨) .762
4 山口 俊(巨) .733
5 ジョンソン(広) .643

・パリーグ野手部門

◎打率

1 柳田 悠岐(ソ) .375
2 中田 翔(日) .349
3 近藤 健介(日) .336
4 秋山 翔吾(西) .328
5 藤岡 裕大(ロ) .305

◎本塁打

1 柳田 悠岐(ソ) 35
2 大田 泰示(日) 31
3 中田 翔(日) 29
4 松田 宣浩(ソ) 27
5 中村 剛也(西) 26

◎打点

1 柳田 悠岐(ソ) 118
2 中田 翔(日) 111
2 大田 泰示(日) 110
4 近藤 健介(日) 90
5 中村 奨吾(ロ) 87

◎安打数

1 柳田 悠岐(ソ) 197
2 中田 翔(日) 188
3 近藤 健介(日) 182
3 秋山 翔吾(西) 179
5 中島 卓也(日) 164

◎盗塁

1 外崎 修汰(西) 27
1 柳田 悠岐(ソ) 27
3 中村 奨吾(ロ) 19
4 源田 壮亮(西) 18
5 西川 遥輝(日) 15

◎出塁率

1 柳田 悠岐(ソ) .447
2 近藤 健介(日) .418
3 中田 翔(日) .417
4 秋山 翔吾(西) .404
5 吉田 正尚(オ) .380

・パリーグ投手部門

◎防御率

1 上沢 直之(日) 2.64
2 ボルシンガー(ロ) 3.20
3 岸 孝之(楽) 3.22
4 山本 由伸(オ) 3.47
5 有原 航平(日) 3.51

◎勝利

1 千賀 滉大(ソ) 13
1 上沢 直之(日) 13
1 有原 航平(日) 13
4 アルバース(オ) 12
5 武田 翔太(ソ) 11
5 秋吉 亮(日) 11

◎セーブ

1 ヒース(西) 35
2 森 唯斗(ソ) 32
2 石川 直也(日) 32
4 ハーマン(楽) 27
5 益田 直也(ロ) 23

◎奪三振

1 岸 孝之(楽) 174
2 千賀 滉大(ソ) 157
3 上沢 直之(日) 155
4 ミランダ(ソ) 142
5 有原 航平(日) 141

◎勝率

1 上沢 直之(日) .722
2 千賀 滉大(ソ) .619
3 武田 翔太(ソ) .611
4 有原 航平(日) .591
5 多和田 真三郎(西) .556

19/04/12 GBA版「ベストプレープロ野球」シミュレーション(前半戦終了時点)   Leave a comment

さて、だいぶ時間がかかってしまいましたが、ゲーム「ベストプレープロ野球」(GBA版)のシミュレーションが前半戦まで終わったので、その結果を。

まずは決め事。

——————————————————————————–
◎試合数
・試合は138試合制(リーグ戦120試合、セパ交流戦18試合)
本来は143試合制ですが、GBA版は140試合しか入力できないため。
リーグ戦を5試合減らしてあります。

◎球場

・楽天の本拠地「楽天生命パーク宮城」は「地方球場」で代用。
・広島の本拠地「マツダスタジアム」は「広島市民球場」で代用。
・ヤクルトの本拠地「神宮球場」は改修前のデータ。
・ソフトバンクの本拠地「ヤフオク!ドーム」はホームランテラス無し。
・ロッテの本拠地「ZOZOマリンスタジアム」はホームランラグーン無し。

◎クライマックスシリーズ・日本シリーズ

・クライマックスシリーズは無理やりですが、投手の指数を回復させた上で、
オープン戦の機能を使い、勝敗を決めます。
(延長戦がないため、9回引き分けの場合は再試合とします)
日本シリーズも同様の方式で勝敗を決めます。
——————————————————————————–

選手のオーダーはこちらをご参照ください。

https://majesticlight.wordpress.com/2019/03/25/post137/

まずは順位表。

セ・リーグは巨人が首位、広島とDeNAがそれを追う展開です。投手力の巨人と、打撃力の広島、投打のバランスがとれたDeNAといった具合ですね。
中日、阪神、ヤクルトはBクラスです。

パ・リーグは日本ハムが2位のソフトバンクを大きく引き離して首位を独走。ソフトバンクとオリックスがAクラスですが、4位の西武もそれほど差もなく、上位をうかがっています。
楽天とロッテは厳しいですね。

続いて交流戦の結果。
交流戦は西武が優勝しました。日本ハム、オリックス、広島が勝ち越しですね。

シーズン終了時の結果はまた明日にでも公開します。

以下、個人タイトル。

・セリーグ野手部門

◎打率

1 鈴木 誠也(広) .404
2 大島 洋平(中) .363
3 宮崎 敏郎(De) .331
4 ロペス(De) .329
5 西川 龍馬(広) .319

◎本塁打

1 鈴木 誠也(広) 30
2 丸 佳浩(巨) 25
3 岡本 和真(巨) 20
3 ソト(De) 20
5 長野 久義(広) 19
5 筒香 嘉智(De) 19

◎打点

1 鈴木 誠也(広) 88
2 岡本 和真(巨) 73
3 丸 佳浩(巨) 64
4 ビシエド(中) 61
5 福留 孝介(神) 58

◎安打数

1 鈴木 誠也(広) 129
2 大島 洋平(中) 120
3 ロペス(De) 113
4 宮崎 敏郎(De) 111
5 西川 龍馬(広) 98
5 丸 佳浩(巨) 98
5 岡本 和真(巨) 98
5 ビシエド(中) 98

◎盗塁

1 大島 洋平(中) 16
2 山田 哲人(ヤ) 9
3 丸 佳浩(巨) 8
4 西川 龍馬(広) 7
5 田中 広輔(広) 6

◎出塁率

1 鈴木 誠也(広) .485
2 大島 洋平(中) .427
3 岡本 和真(巨) .400
4 筒香 嘉智(De) .393
5 丸 佳浩(巨) .393

・セリーグ投手部門

◎防御率

1 大瀬良 大地(広) 1.89
2 菅野 智之(巨) 2.47
3 高梨 裕稔(ヤ) 2.61
4 大貫 晋一(De) 2.86
5 メッセンジャー(神) 3.03

◎勝利

1 大瀬良 大地(広) 10
2 菅野 智之(巨) 9
3 中川 皓太(巨) 8
3 今永 昇太(De) 8
3 吉見 一起(中) 8

◎セーブ

1 山崎 康晃(De) 25
2 クック(巨) 18
3 中崎 翔太(広)17
4 鈴木 博志(中) 14
5 藤川 球児(神) 10

◎奪三振

1 菅野 智之(巨) 110
2 大瀬良 大地(広) 99
3 メッセンジャー(神) 91
4 メルセデス(巨) 84
5 西 勇輝(神) 83

◎勝率

1 大瀬良 大地(広) .909
2 吉見 一起(中) .800
3 菅野 智之(巨) .750
4 今永 昇太(De) .727
5 田口 麗斗(巨) .700

・パリーグ野手部門

◎打率

1 中田 翔(日) .395
2 柳田 悠岐(ソ) .357
3 秋山 翔吾(西) .354
4 近藤 健介(日) .340
5 中島 卓也(日) .315

◎本塁打

1 柳田 悠岐(ソ) 23
2 大田 泰示(日) 21
3 中田 翔(日) 19
4 中村 剛也(西) 18
5 デスパイネ(ソ) 16
5 松田 宣浩(ソ) 16

◎打点

1 中田 翔(日) 82
2 柳田 悠岐(ソ) 77
2 大田 泰示(日) 77
4 近藤 健介(日) 61
5 中村 剛也(西) 59
5 井上 晴哉(ロ) 59

◎安打数

1 中田 翔(日) 133
2 柳田 悠岐(ソ) 114
3 秋山 翔吾(西) 113
3 近藤 健介(日) 113
5 中島 卓也(日) 108

◎盗塁

1 柳田 悠岐(ソ) 17
2 外崎 修汰(西) 15
3 田中 和基(楽) 12
4 源田 壮亮(西) 11
4 中村 奨吾(ロ) 11

◎出塁率

1 中田 翔(日) .459
2 秋山 翔吾(西) .437
3 柳田 悠岐(ソ) .431
4 近藤 健介(日) .424
5 吉田 正尚(オ) .402

・パリーグ投手部門

◎防御率

1 上沢 直之(日) 2.08
2 アルバース(オ) 2.36
3 ボルシンガー(ロ) 2.73
4 山岡 泰輔(オ) 3.23
5 松葉 貴大(オ) 3.27

◎勝利

1 千賀 滉大(ソ) 9
1 上沢 直之(日) 9
3 秋吉 亮(日) 8
3 アルバース(オ) 8
3 ボルシンガー(ロ) 8

◎セーブ

1 ヒース(西) 20
1 石川 直也(日) 20
1 ハーマン(楽) 20
4 益田 直也(ロ) 19
5 森 唯斗(ソ) 18

◎奪三振

1 岸 孝之(楽) 104
2 上沢 直之(日) 100
3 マルティネス(日) 94
4 千賀 滉大(ソ) 90
5 ミランダ(ソ) 88
5 有原 航平(日) 88

◎勝率

1 アルバース(オ) .889
2 上沢 直之(日) .818
3 千賀 滉大(ソ) .692
4 松葉 貴大(オ) .667
5 武田 翔太(ソ) .636

19/03/27 2019年プロ野球順位予想   Leave a comment

さて今年も、プロ野球の順位予想を。
昨年はヤクルトと日本ハムを下位予想して大外れだったので、あまりあてにならないかもですがw
では、いきます。

◎セントラルリーグ

1位 読売ジャイアンツ

エース菅野以外の投手陣はやや不安も、丸、炭谷、ビヤヌエバ、中島と補強の手は緩めず、野手陣の厚みは増した。選手が額面通り働けば優勝の可能性も十分にある。

2位 広島東洋カープ

やはり走攻守共にバランスの取れたチーム。大瀬良がエース格に育ち、投手陣の層はなかなかのもの。田中、菊池涼に代表されるように、野手陣の機動力や守備力が高いのもプラス材料になる。今年も上位は確実視で、もちろん優勝の可能性もある。

3位 横浜DeNAベイスターズ

東、石田など先発陣に故障者が多いのは気になるが、総合力は高いチーム。筒香、宮崎、ロペス、ソトなど強打の野手陣がコンスタントに得点を上げられれば、Aクラスは濃厚。激戦区の外野も楠本、桑原、神里などが切磋琢磨してレベルアップすればなお良し。

4位 東京ヤクルトスワローズ

投手陣が手薄なのが一番の不安要素。エース格の小川も不安定で、リリーフ陣も層が薄い。しかし、それを補って余りある野手陣の打撃は強力で、山田哲、バレンティン、雄平、村上などが打ち勝つ野球に徹すればAクラスもあるか。

5位 阪神タイガース

西、ガルシアと先発投手を補強するも、昨年の懸念材料だった貧打が解消されるかどうかは疑問。木浪と近本のルーキーコンビも1年通して結果を残せるかは未知数。糸井と福留は安定しているが、大山をはじめ若手野手陣の攻守にわたる成長を待ちたい。

6位 中日ドラゴンズ

投手、野手共に駒不足なのは否めない。小笠原と松坂が開幕アウトで、先発陣も不安定。中継ぎも層が薄く、抑えの鈴木博もまだ経験不足。野手陣も昨年3割を打った平田、ビシエド、アルモンテがオープン戦で不調だったことも気になる。これといった補強もしていないので、現有戦力の底上げに期待したい。

◎パシフィックリーグ

1位 福岡ソフトバンクホークス

走攻守共に高いレベルで戦力を維持しているチーム。柳田を中心として野手陣はどこからでも長打が出る破壊力満点の打線。先発投手も千賀やミランダ、武田、東浜など駒は揃っていて、中継ぎ、抑えも加治屋、森の勝利の方程式は大崩れしなさそう。昨年は優勝を逃したが日本一に輝き、その力をアピール。故障者が多く出なければ優勝は濃厚。

2位 埼玉西武ライオンズ

金子侑、源田、秋山、山川、森と上位から切れ目のない強力打線が売りのチーム。投手陣は菊池が抜けた穴をどう埋めるかがカギ。多和田、今井、高橋光などの奮起に期待したい。もちろん、こちらも優勝候補の一角であることに間違いはない。

3位 北海道日本ハムファイターズ

清宮、清水の離脱は痛いが、投打ともにレベルの高いチーム。先発投手は上沢や有原をはじめ粒揃い。中継ぎも宮西や秋吉など好投手が揃っている。野手では昨年覚醒した大田や、近藤、中田、王といった中軸も確実性とパワーを併せ持っており、投打がうまく噛み合えばAクラスは濃厚とみる。

4位 オリックス・バファローズ

金子、西の抜けた先発投手陣が一番の懸念材料。山岡、東明、山本、アルバースなどが先発で踏ん張れるか。中継ぎ、抑えは経験豊富な増井が安定し、若い澤田、岩本あたりが力を見せれば。打線は主砲の吉田正を中心にメネセス、頓宮などまずまずの戦力を維持。猛打で投手陣を援護できれば上位進出もあり。

5位 東北楽天ゴールデンイーグルス

エース則本の離脱はかなりのマイナス材料。計算できる先発投手が岸しかいないのは苦しい状況。打線は浅村が加わり、島内、ウィーラー、銀次など打撃力もそこそこ。バッティングに安定感がない野手が多いので、なんとか確実性を付けてほしいところ。

6位 千葉ロッテマリーンズ

やはり投手、野手共に選手層が薄いのは大きな懸念材料。先発陣は石川、ボルシンガー、涌井の三本柱は安定も、中継ぎの松永などがオープン戦で打ち込まれているのは不安。そして昨年も苦しめられた貧打を解消するのが第一目標。中村奨、井上、角中のクリーンナップや、今季加入のレアード、バルガスがどこまで打てるか。今年は我慢の年となりそう。

19/03/25 GBA版「ベストプレープロ野球」シミュレーションのオーダー   Leave a comment

さて、プロ野球のオープン戦も終わったので、今年もGBA版「ベストプレープロ野球」のシミュレーションをしたいと思います。
とりあえず、オープン戦の選手起用や故障者の有無などを元に、暫定の開幕オーダーを作りました。

選手データは「ベストプレープロ野球データ情報」さん(http://bpd4.blog.fc2.com/)のデータを少しアレンジして使います。
まずはデータ作成と入力が終わるまで、しばらくお待ちください。

19/03/20 ナゴヤドーム「中日×オリックス」を観戦   Leave a comment

さて、昨日はナゴヤドームのオープン戦「中日×オリックス」を観戦しました。
91歳の祖父と一緒に、今年初めての野球観戦です。
13時頃にナゴヤドームへ到着。昼食を食べつつ、試合開始を待ちました。

そしてスタメン発表。中日の先発は吉見、オリックスの先発は山本でした。もう開幕も近いので、両チームとも本気モードでしたね。
中日は平田を2番に据える大胆な起用。オリックスも新外国人のメネセスを3番、ルーキーの頓宮を5番に据える起用でした。

オリックスの先発、山本は150km/hを超えるストレートで攻める強気の投球でした。観ていて気持ち良かったですね。
打線もメネセスが2点タイムリーを放ち、4番の吉田正尚も2安打を記録するなど打線は好調でしたね。

中日の先発、吉見は7回を2失点と上々のピッチング。もうベテランの域ですが、まだまだ先発ローテで頑張れることを証明しましたね。
打線は満塁のチャンスもありましたが、打線がつながらず無得点でした。大野奨太が2安打を放ち、気を吐きましたね。DHで起用された井領もヒットを放ち、一軍生き残りをかけてアピールしました。

試合は0-2でオリックスの勝利。まあ、オープン戦だし勝ち負けよりも内容ですね。
もうすぐプロ野球もペナントレースが開幕。今年も熱戦に期待したいです。

18/12/06「オリックス・バファローズ2018年総括」   Leave a comment

さて、年の暮れも迫る時期になりましたが、今年のオリックス・バファローズの総括を。

今年のオリックスは65勝73敗5分で4位でした。勝率も5割を達成できず、残念なシーズンでしたね。

まず先発ですが、二桁勝利を挙げたのは10勝を挙げた西のみ。新外国人のアルバースが9勝、ルーキーの田嶋も途中で故障離脱するもなんとか6勝を挙げました。2年目の山岡も7勝を挙げるなどまずまずでした。
長らくエースとして活躍してきた金子千尋は4勝止まりでしたね。そろそろ衰えも見えてきたでしょうか。

中継ぎでは吉田一将が58試合に登板するなどフル回転。回跨ぎで投げる場面も多かったですね。それと、セットアッパーとして54試合に登板した山本も光りました。本来なら先発向きの投手だと思うので、来年は先発ローテーションに入ってほしいです。
他にも澤田、近藤、山田といった若手も伸びてきました。ベテランの比嘉も見事に復活を果たしましたね。

抑えは63試合を投げた増井の活躍が光りました。35セーブは誇っていい数字だと思います。

捕手では伊藤がDeNAにトレードされ、若月が正捕手の座を掴みました。バッティングの確実性を上げれば正捕手の座は揺るがないと思いますが、山崎勝己や伏見も2番手に甘んじていてはいけないでしょうし、若月を脅かす存在になってほしいです。

内野では福田がルーキーながらセカンドの定位置を奪取。ショートは安達が守備で貢献してくれました。ファーストはT-岡田と中島が定位置を争いましたが、成績はパッとせず。サードは大城がぐんと伸びてきて、攻守にわたり活躍してくれました。来季も期待します。西野や鈴木昂平、白崎も控えに甘んじることなく、定位置奪取を狙ってほしいです。
小谷野は今年限りで引退。来年は楽天のコーチになることが決まっています。今まで本当にお疲れ様でした。

外野手ではやはり全試合出場した吉田正尚の活躍に尽きますね。4番の役割をしっかり果たしてくれました。来季は3割30本100打点を期待しています。
ロメロ、小田、武田、宗、宮崎、小島、杉本と外野は定位置が決まらず、目まぐるしく選手が入れ替わる年でしたね。来年は誰が外野の定位置を獲るか、楽しみは尽きません。

そして来年は金子が日本ハム、中島は巨人でプレーすることに。西は阪神と契約合意間近との報道が出ています。主力がいなくなるのは寂しいですが、別れはいずれやって来るもの。新天地での活躍を祈りたいですね。

そして福良淳一前監督。今までチームを引っ張ってくださり、ありがとうございました。
来年は西村徳文新監督の下、強いチーム作りを目指してほしいです。

さて、来年も全力でオリックスを応援ですね! 大阪や神戸にもまた足を運びたいです。

18/12/01 名古屋巡り   Leave a comment

さて、昨日(12/1)ですが、名古屋へ行ってきました。
昼頃に名古屋駅に到着し、向かった先はここ。

名古屋駅前のシンボル「ナナちゃん」です。高島屋前の金時計、新幹線口付近の銀時計と並んで、名古屋駅での待ち合わせ場所としては定番のスポットです。
昨日からナゴヤドームで「アイドルマスター シンデレラガールズ」(以下デレマス)の6thライブが開催されているので、そのコラボレーションで「デレマス」のキャラクターの一人「安部菜々」の衣装を着ています。
やはり写真を撮っている人が多かったですね。

その後はビックカメラに寄り、買い物へ。

バッファローのWi-Fiルータを購入。今のWi-Fiルータは時折通信が不安定になるので、買い替えを決意しました。それほどスペックの高いものは求めていなかったので、なんとか6,000円くらいで買えました。

時間が余ったので、矢場町と大須へも足を運びました。いつもは地下鉄東山線の栄駅を経由して矢場町へ行きますが、この日は地下鉄桜通線の久屋大通駅へ経由して行きました。桜通線に乗るのはずいぶん久々でしたね。

矢場町に着いてからはPARCOに寄り、タワーレコードと島村楽器へ。いろいろ見て回っていました。

そしていつもの如く、矢場町から徒歩で大須へ。「スーパーポテト」で中古PS2の本体を見てましたが、やはり高いですね。あとはファミコンゲームなどをいろいろ見ていました。

それから「まんだらけ」に寄り、「デレマス」のキャラクター、渋谷凛のCDを買いました。一応、「デレマス」は渋谷凛が一番好きなのでw
大須での用事も終わり、名古屋駅へ帰還してJRで帰宅途中に、妹から電話が。
この日は妹も別件で名古屋へ行っていたのですが、名古屋駅高島屋の東急ハンズで買い忘れた物があったので、急遽買ってもらうことに。

「ディシディア ファイナルファンタジー」のキャラクター、「ガーネット」のアクリルキーホルダーですね。ガーネットは「FF9」のヒロインで、FFシリーズの中でも特に好きなキャラです。
「FF9」もいずれプレイし直したいですね。

ちなみに妹から電話がかかってきたのが電車で帰る途中だったので、電車を降りて話をしていたら、その電車が行ってしまったので、10分ほど次の列車を待つことになりましたw
まあ、急いで帰るつもりもなかったし、缶コーヒーを飲みながらまったりしてましたね。

とにかく、今回も楽しい名古屋巡りでした。次は12/8の中京競馬場遠征ですね。中京競馬場は名古屋市から東へ行った豊明市というところにあるのでちょっと遠いですが、楽しんできたいと思います。

18/11/04「一宮第九をうたう会 第九演奏会」   Leave a comment

さて11/4ですが、母と一緒に一宮市民会館で「一宮第九をうたう会 創立30周年記念 第九演奏会」を聴きに行きました。母が第九をうたう会の会員さんと友達なので、チケットが手に入ったんですよね。ちなみにオーケストラは名古屋フィルハーモニー交響楽団でした。

まずは佐藤眞さんのカンタータ「土の歌」より、「農夫の土」「祖国の土」「大地讃頌」の3曲。
特に「大地讃頌」は私が中学生の時に卒業式で歌った思い出があるので、当時を思い出しましたね。本当は合唱コンクールで歌うはずだったんですが、音楽の先生が「大地讃頌」はいい曲なので卒業式まで取っておいてくれたんですよね。卒業式前に必死で合唱の練習をしたのも良い思い出です。

その次は小田美樹さん作曲の「群青」。福島県南相馬市の小高中学校の卒業生が書いた作文のフレーズなどをモチーフに小田さんが作った曲です。こちらも良かったです。東日本大震災の記憶は、絶対に忘れてはならないですね。

15分の休憩を挟んで、メインであるベートーヴェン「交響曲第九番『合唱付』」が始まりました。
いや、素晴らしい演奏でしたね。第九は何度も聴いているので曲はほぼ覚えているのですが、何度聞いても感動します。曲が終わった後には、つい「ブラーヴォ!」と叫んでしまいましたw

私はヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ベルリンフィルハーモニーのCDを持っていてよく聴いていますが、やはり生で聴くと違いますね。第一楽章から通して聴くと70分以上になる曲ですが、夢中になって聴いていました。
私はいずれ交響曲を作曲したいという野望を抱いているので、交響曲を聴くと曲の構成や主題、展開、再現などの形式、理論、技法が少し気になりますね。まあ私が交響曲を書くとなると、何年かかるか分からないし、それに菅野よう子さんや坂本龍一さんの影響も出そうですw
まあ、でも私は理論よりも感性を重視するタイプなので、理論は基礎を押さえつつ、感性を活かした曲を書きたいです。今は充電中なので、1年後くらいにまた本格的に作曲を再開したいと思います。

機会があったらまたクラシックコンサートには足を運びたいです。生演奏を聴くと勉強になるし、何より楽しいですからね。

18/11/03 名古屋巡り(買い物&中日キャンプ見学)   Leave a comment

さて11/3ですが、ちょいと名古屋に買い物などをしに出掛けました。なんだかんだで名古屋にはよく出かけています。

まずは矢場町のPARCOへ。東館の島村楽器に行き、買ったのがこれ。

DAWソフト(音楽編集ソフト)の「CUBASE ELEMENTS」です。
今までDAWソフトは「SONAR」シリーズを愛用していましたが、「SONAR」自体が昨年で開発終了になってしまったのと、サブスプリクション(年単位の契約)が11/6に切れるので、乗り換えを決断しました。
「SONAR」はRoland系のCakewalkが長らく販売していましたが、いつからかGibson傘下のTEAC(ブランドはTASCAM)が販売するようになったんですよね。元々私はRolandの音源で作曲を始めたので、SONARに愛着があったのですが。
「CUBASE」はsteinbergが開発し、日本ではYAMAHAが販売してるんですよね。
私が作曲を始めた時はまだmidiが主流だったので、ユーザーはRoland派とYAMAHA派に大別されていましたね(KORG派も少数ながらいましたが)私はRoland派だったのですが、今はYAMAHAが開発したボーカロイドを使っているし、もうこだわりはないですね。
音楽制作環境を整え、操作に慣れるのも充電期間にやることの一つとしてやっていきたいです。

さて、島村楽器に寄った後はPARCO内のテナントで服とかアクセサリーとか見ていましたが、高価なので手が出せず。以前、指輪を付けていたのですが失くしてしまい、安いのでいいので新しい指輪が欲しいです。また名古屋へ行った際に探したいですね。

続いて、やってきたのはナゴヤ球場。バックネット裏で中日ドラゴンズの秋季キャンプを見ました。

あまり長い時間はいられませんでしたが、バッティング練習だけはしっかり見ました。
フリーバッティングをしていたのは伊藤康祐、石川駿、渡辺、友永、阿部、井領でしたね。やはり若手から中堅どころを底上げしようとしているのでしょうか。
フリーバッティングの後は、トスバッティングに切り替えて練習していました。あと、堂上がコーチと一緒にバッティングフォームの確認をしていました。堂上も打撃が向上すれば面白いですね。
そしてバッティング練習が終わった後は、与田監督がグランドへ出てきました。するとバックネット前に人が集まり、与田監督への声援が多く飛びました。「優勝お願いします!」という声も飛びましたね。
新体制で来季に臨むドラゴンズ。どこまでいけるか注目です。

その後は名古屋駅に戻り、高島屋内の東急ハンズで父からの頼まれものを買い、その後はビックカメラ名古屋駅西店でPCやWi-Fiルータなどいろいろ見てました。
父が使っているPCがだいぶ古くなったので、新しいPCを買うことも検討してるんですよね。販売員さんとお話して、VAIOの見積もりを取ってもらいました。買うのはまだ先になりますが、Windows7のサポートが切れる前に買わないとですね。
Wi-Fiルータも古いし、時々動作不良も時々起こすので近いうちに新しいのを買うつもりです。今はだいぶ安いですし。
あとはゲーム売り場でいろいろ見てました。「ファミコンミニ」と「スーパーファミコンミニ」をセットで売っていてちょっと心惹かれましたが、今は積みゲーを消化する時期なのでパスですね。ちなみに「プレイステーションクラシック」も予約開始してました。こちらも気になります。

そんなこんなで、名古屋を満喫しました。マイミクの藍沢篠さんのご友人が働いているお寿司屋さんもいつか足を運びたいですね。

18/09/06 四十路突入   Leave a comment

さて、もう日付も変わってしまいましたが、昨日で40歳の誕生日を迎えました。
昨日は名古屋へ行き、誕生日を満喫しました。

まずはナゴヤ球場で「中日×オリックス」の二軍戦を観戦。中日の先発は石川翔。対するオリックスの先発は山崎颯一郎でした。どちらもコントロールが定まらず、まだまだ粗削りな感じでしたね。

オリックスの選手で光るものを感じたのは、DeNAからトレードでやってきた白崎ですね。中日・伊藤準規から2点タイムリーを放ちました。本来なら一軍で見たい選手だと思うので、頑張ってアピールを続けてほしいですね。

中日の選手で良かったのは2番手で投げた阿知羅ですね。3イニングを危なげなく無失点で抑えました。ロングリリーフもできそうだし、こちらも一軍から声がかかるのを楽しみにしています。

二軍戦が終わった後は金山まで移動し、そこから地下鉄で矢場町のPARCOまで行きました。目的はいつも通り、島村楽器でキーボードやシンセサイザーを見るためです。
小型のキーボードはいずれ欲しいですね。キーボードの演奏も練習したいです。

その後は大須へ。ボークス、MEIKOYA、スーパーポテト、まんだらけ、ゲーマーズといろいろ巡ってきました。

買った物はこちら。

ボークスで売っていた「アイドルマスター」のラバーストラップですね。1個だけ買って中身を開けたら、入っていたのは亜美でした。雪歩狙いでしたが、765プロはみんな好きなので何が出ても満足です。

後はこれも。

こちらはまんだらけで売っていた「アイドルマスター シンデレラガールズ」の野球好きアイドル、姫川友紀のCDです。
野球好きにはたまらないアイドルですよね。

ちなみに、スーパーポテトで「どこでもいっしょ」のCMがモニターで流れていたのですが、妹が育てていたトロに「ペタジーニ」(ヤクルト、巨人、ソフトバンクに所属したプロ野球選手)という言葉を教えたところ、トロが「ペタジーニが写真集を出す」と言い始め、大爆笑したのを思い出しましたw

それと、「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」の無料10連ガシャを回したところ「SSR [エンドレスナイト] 速水奏」を引きました。幸先のいい40代のスタートですねw

とまあ最近はアイマスにどっぷり浸かってますが、「モンハンワールド」や「ぷよテト」もぼちぼち進めていきたいです。
それよりもまずは作業所に休まず通うことですね。いずれはちゃんとした仕事に就いて、親を安心させたいですね。一歩ずつ前進(漸進)です。

18/08/31 【音楽】音圧偏重主義について思うこと   Leave a comment

さて、作曲活動も充電期間に入ったので、少し音楽の戯言を。

私は音楽関係の書籍やサイトを読み漁ることがあるのですが、最近はひたすら「音圧を上げろ」という内容が多く、少し疑問を抱いています。

ちなみに音圧とは、楽曲においていかに音を大きく迫力のある音に聞こえるかを示す指標です。ボカロ界隈では特に顕著なのですが、マキシマイザーやコンプレッサーを用いて音圧を上げるのがいい曲に聴かせるコツとして広く認知されています。

しかし私はこの流れに疑問を抱く一人なんですよね。特に捻りのない曲でも、音圧さえ上げてしまえばいい曲に聴こえるという認識が一般的になってきているので。
私からすれば音圧偏重の曲は耳が痛いだけで、全くいい曲に聴こえない場合も度々あります。クラシックから入った、どちらかといえば芸術家寄りの私だからこそ、そう聞こえるのかもしれませんが。
ラーメンに例えれば、麺やスープにこだわった昔ながらの中華そばよりも、背脂でギトギトのこってりラーメンの方が若い層に好まれるのに似ているような気がします。

とはいえ、私もボカロのトラックは出力を安定させるためコンプレッサーを使っているので、あまり大きなことは言えませんが。でも音圧をガンガン上げただけの凡庸な曲より、創意工夫がなされている曲の方が評価されてほしいと願って止まないです。
ともかく、私も音楽についてはまだまだ勉強しなければならないことがたくさんあるので、これからいろいろ吸収していきたいと思います。

以上、底辺のDTMユーザーの戯言でした。最後までお付き合いくださり、感謝です。

18/08/26 鏡音リンのオリジナル楽曲「散華。」(ショートver.)をピアプロにUP   Leave a comment

さて、鏡音リンV4Xを使った初めての曲がひとまずできました。
1番だけのショートver.ですが。

タイトルは「散華。」歌詞はshi-no.aさんに書いていただきました。
作曲依頼を受けてから半年以上経ってしまいましたが、何とか形にはできました。
フルver.はもっとオケを豪華にしてUPしたいです。

散華。

作詞:shi-no.aさん
作・編曲:Atmosphere

歌詞:https://piapro.jp/t/dnwU
曲:https://piapro.jp/t/hCs_

18/07/29 GBA版「ベストプレープロ野球」クライマックスシリーズ、日本シリーズの結果   Leave a comment

さて、時間があったのでサクッとクライマックスシリーズ、日本シリーズのシミュレーションを終えました。
まずはクライマックスシリーズの結果を。

セ・リーグは巨人がファーストステージを突破。ファイナルステージは広島と最終戦までもつれたものの広島が日本シリーズ進出を決めました。
パ・リーグは日本ハムがファーストステージを制するも、ファイナルステージは西武が制して日本シリーズ進出です。

続いて、日本シリーズの結果を。

日本シリーズは西武のストレート勝ちで勝負がつきました。どちらのチームも打線が強力ですが、投手陣もしっかりしている西武に分がありましたね。

さて、これにてGBA版「ベストプレープロ野球」のシミュレーションを終了します。
完全に自己満足ですが、見ていただいた方、ありがとうございました。
また来年も時間があればシミュレートしたいですね。

18/07/29 GBA版「ベストプレープロ野球」シミュレーション シーズン終了時の結果   Leave a comment

さて、GBA版「ベストプレープロ野球」の2018年シミュレーションをシーズン終了時点まで進めました。
まずはその結果を。

セ・リーグは広島が巨人の追撃を振り切り、優勝しました。2位と3位は巨人とDeNAが同率で並びましたが、直接対決の勝利数が高い巨人が2位となりました。
DeNAが後半戦の猛追撃でクライマックスシリーズ進出です。
ヤクルト、阪神、中日は終始振るわなかったですね。

パ・リーグは西武が打力で圧倒し、優勝しました。2位のソフトバンクとの2強対決でしたね。
3位は勝率5割でなんとかAクラスを死守。クライマックスシリーズ進出となりました。
ロッテ、楽天、オリックスは勝ち星を伸ばせずBクラスに終わりました。

続いて、個人タイトル。

優勝チームの広島、西武の選手がタイトルをほぼ占めましたね。セ・リーグ投手部門は巨人も健闘しましたが。

クライマックスシリーズ、日本シリーズは明日までにやれたら結果を出したいです。

18/07/28 GBA版「ベストプレープロ野球」シミュレーション 前半戦結果   Leave a comment

さて、GBA版「ベストプレープロ野球」の2018年シミュレーションを前半戦終了時まで進めました。

まずは決め事。
————————————————————————————–
◎試合数
・試合は138試合制(リーグ戦120試合、セパ交流戦18試合)
本来は143試合制ですが、GBA版は140試合しか入力できないため。
リーグ戦を5試合減らしてあります。

◎球場

・楽天の本拠地「楽天生命パーク宮城」は「地方球場」で代用。
・広島の本拠地「マツダスタジアム」は「広島市民球場」で代用。
・ヤクルトの本拠地「神宮球場」は改修前のデータ。
・ソフトバンクの本拠地「ヤフオク!ドーム」はホームランテラス無し。

◎選手データ

選手データは「ベストプレープロ野球データ情報」さんのデータを使用します。

http://bpd4.blog.fc2.com/
———————————————————————————–

では、まずは前半戦の順位を。

セ・リーグは広島、パ・リーグは西武が首位です。
やはり打撃力ではこの2チームが抜けていますね。

交流戦のリーグ最高勝率はセ・リーグが広島、パ・リーグが西武でした。

近いうちにシーズンを終了させて、クライマックスシリーズと日本シリーズまでシミュレーションしたいです。

18/7/20~25 関東遠征まとめ   Leave a comment

さて、記憶が鮮明なうちに今回の関東遠征のまとめを。

7/20(金)

昼過ぎに自宅を出て、名古屋駅から新幹線に乗って新横浜駅まで行きました。その後は夕飯をコンビニで買ってから、鶴見のホテルにチェックイン。この日は特に出かけず、ホテルでのんびりしていました。

7/21(土)
あまり眠れなかったものの朝には目が覚め、JRと東京メトロを乗り継いで浅草まで行きました。
雷門の前で、東京に住んでいる親友と昼に待ち合わせました。その後は浅草周辺を一緒に巡り、商店街などを見て回っていました。
そして、その後は東京メトロで上野駅へ。上野公園をぶらぶら散策しながら話に花を咲かせていました。
そして上野からJRで信濃町駅まで行き、明治神宮球場へ到着。ヤクルト×中日を観戦しました。
ビジター席でしたが、親友は中日ファンなので喜んでいました。外野席だったので、声を張り上げて応援しました。
残念ながら中日はサヨナラ負けを喫してしまいましたが、楽しい観戦でした。
その後は親友と品川駅で別れ、鶴見へと帰還しました。

7/22(日)
朝はすっきり目が覚め、まずはJRで東京駅へ。少し買い物をした後、JR武蔵野線に乗って船橋法典駅へ。中山競馬場を少しだけ覗いてきました。いつか開催日に行きたいですね。
その後は南船橋で京葉線に乗り換えて海浜幕張駅へ。ZOZOマリンスタジアムまで歩いて向かい、開門直後に入場しました。
この日はロッテ×オリックス。もちろん、レフトビジター席です。やがて試合が始まり、声が枯れそうになるまで応援しました。試合はオリックスが負けましたが、日本初登板のローチや白崎、杉本、K-鈴木など初めて生で見る選手もいたので良かったです。
マリーンズショップで弟の奥さんへのお土産を買った後、歩いて海浜幕張駅へ戻ろうとしたところ道を間違えてしまい、ちょっと帰るのに時間がかかってしまいました。方向音痴っぷりが出てしまいましたね。
海浜幕張駅からJR京葉線と京浜東北線を乗り継ぎ、なんとか23時前には鶴見へ戻ることができました。

7/23(月)

この日も朝はすっきり目ざめ、まずは秋葉原駅へ向かいました。早速、電気街を巡り、アニメグッズやゲームなどをいろいろ買いました。ゲーセンもちょこっとだけ覗いたりもしましたし。
昼過ぎまで秋葉原にいましたが暑さで参ってしまい、昼過ぎには鶴見へ戻りいったん休憩。そして17時くらいになってから、川崎駅へ向かいました。
行先は川崎競馬場。川崎駅と川崎競馬場を行き来する無料バスがあったので、行くのは楽でしたね。
人生初のナイター競馬生観戦は迫力がありました。マイミクの養分AKIRAさんが教えてくださった名物コロッケも食べました。スパイスが程よく利いていて、美味でしたね。
少し疲れも出たので早めに競馬場を後にし、鶴見へ帰還。しっかり疲れを取りました。

7/24(火)

この日は友人の狼焔(Roen)さんと昼から横浜市内でカラオケをしました。
6時間歌いましたが、喉のコンディションがあまり良くなく、激しい曲はあまり歌えませんでしたね。ボカロやアニメ・ゲームの主題歌、それに懐メロとかも時々歌っていました。声のコンディションが悪くてTHE YELLOW MONKEYやMOON CHILDの曲があまり歌えなかったのが残念でしたが、無理せず歌いやすい歌を選んでいました。
狼焔さんは相変わらず歌が上手かったですね。本人は声が出ないと言っていましたが、私からすれば声が良く出てると思いました。
その後は夕食をご一緒し、話に花を咲かせていました。夜も更けてきたので狼焔さんと再会を約束し、帰路につきました。

7/25(水)

この日も朝に起きて、ホテルをチェックアウト。その後、横浜市内へ向かい、マイミクのえりゅもってぃさんとお会いして昼にお茶をしました。初めてお会いしましたが、物腰の柔らかい方でした。あまり長い時間お話はできませんでしたが、いろいろ話せて楽しかったです。
その後は家族と作業所へのお土産を買い、昼過ぎには新横浜駅から新幹線で名古屋駅まで。なんとか短時間で地元駅に着き、早く家に帰りつきました。

6日間に渡る長旅でしたが、本当に充実した旅でした。また今度、関東に行けるのはいつになるか分かりませんが、できれば来年も行きたいですね。

18/07/18 GBA版「ベストプレープロ野球」のシミュレーション オーダー発表   Leave a comment

さて、プロ野球も後半戦に差し掛かりましたが、今更ながらGBA版「ベストプレープロ野球」のシーズンシミュレーションを始めようかと思います。
とは言っても、7/20から25まで関東遠征に出かけるので、帰ってきて落ち着いてからシミュレーションしますけどね。

とりあえず、オーダーだけはなんとか決めました。こんな感じです。
故障離脱中の選手もスタメンにいたりしますが、そこらへんは目をつぶってください。

選手データは「ベストプレープロ野球データ情報」さんのデータを使用します。

http://bpd4.blog.fc2.com/

あしたは遠征の準備で忙しいと思うので、結果発表は来週末か再来週になりそうですね。
じっくり構えていきたいと思います。

・追記
日本ハムの一軍枠に入れていた岡大海選手がロッテに移籍したので、代わりに太田賢吾選手を一軍枠に入れることにします。

18/03/19 2018年プロ野球順位予想   Leave a comment

さて、オープン戦もまだ続きますが、今年のプロ野球の順位予想をしたので早速公開します。

◎セントラルリーグ

1位 広島東洋カープ

野村、大瀬良、薮田、岡田と若い先発陣も調整は順調。リリーフ陣も一岡、今村、中崎、中田、ジャクソンと厚く、死角はこれと言って見当たらない。
野手では田中、菊池、丸が鉄壁の守備を誇り、打撃は松山、鈴木誠、エルドレッドなどが好調。若手からベテランまで実力者が揃っており、リーグ優勝の一番手であることは間違いない。

2位 横浜DeNAベイスターズ

今永、濱口、ウィーランドが故障で開幕は難しいとされているが、石田、熊原、飯塚、バリオスなどが控えており、先発の穴はひとまず埋められそう。リリーフは三嶋、進藤、櫻井が好調。守護神の山崎も順調な仕上がり。
野手では阪神から加入の大和がどのような活躍をするか。桑原、ロペス、倉本、宮崎といった昨年の主力に加え、オープン戦好調の佐野やソトがおり、層は厚い。投打が噛み合えば久々の優勝もある。

3位 読売ジャイアンツ

エースの菅野は盤石。生え抜きの田口や、野上、山口俊、吉川光といった移籍組を加えれば、それなりに戦力は揃っている。
リリーフでは復活を賭ける澤村や、マシソン、桜井、田原、戸根、谷岡なども奮闘している。
野手では陽岱鋼や中井、岡本、大城、ゲレーロが好調。打力がアップすれば、Aクラスは堅い。

4位 阪神タイガース

メッセンジャー、能見と先発陣は高齢化が進み、不安は拭えない。このところ調子が出ない藤浪の復活はあるか。昨季は高橋聡、マテオ、桑原、ドリスなどリリーフ陣の粘りでAクラスを掴んだが、酷使の反動が気になるところ。
野手では糸井、福留といったベテランと、大山、糸原、中谷といった若手の力が噛み合えば得点力もアップするはず。期待の大砲、ロサリオが日本の野球に適応できれば、更に躍進。

5位 中日ドラゴンズ

先発は小笠原、柳、笠原、鈴木翔、若松など活きのいい若手が揃っているが、年間通して活躍するのは難しいと見る。ジー、大野、吉見、松坂あたりがローテを守るなら、なんとか持ちこたえられるか。まだまだ成長途上の選手が多いだけに、今年は飛躍の年にしてほしいところ。
リリーフでは谷元、鈴木博、又吉、祖父江、田島あたりに期待したい。
野手陣は若返りが進みそうだが、まだ成長途上だけに当面はビシエド、アルモンテ、モヤに頼るしかなさそう。高橋、京田、福田などの成長を見守りたい。

6位 東京ヤクルトスワローズ

今年も投手陣は苦戦を強いられそう。石川の不調に、故障にあえぐ館山、由規、小川。当面はブキャナン、ハフといった外国人に頼らざるを得ないか。原樹や寺島もまだまだこれからの投手だけに、長い目で見るべき。
リリーフも層が薄いが、石山、秋吉あたりに期待したい。
野手は青木の復帰で外野の定位置争いが激しくなりそう。坂口や山崎、バレンティンをどう起用するか。山田哲の復調も上位を争うためには必須条件。昨年は故障に泣いた畠山や川端にも注目したい。

◎パシフィックリーグ

1位 福岡ソフトバンクホークス

先発陣は武田、東浜、千賀、バンデンハーク、石川と粒ぞろい。リリーフも嘉弥真、森、岩嵜、モイネロ、サファテと揃っており、層の厚さなら12球団で随一なのは明らか。
野手も甲斐、今宮、本多、内川、松田、中村、柳田、デスパイネといった主力が順調に仕上げてきており、死角はないと見る。

2位 埼玉西武ライオンズ

先発陣は菊池、ウルフ、高木、十亀、高橋光と実力派が揃っている。リリーフも平井、大石、豊田、野田、小石、武隈、高橋朋、増田と盤石。
野手も秋山、源田、金子侑、外崎といったスピードを活かすタイプと、森、浅村、山川、中村といった長距離砲もおり、バランスが取れている。
これといった故障者が出ない限りは、上位は堅いと見る。

3位 オリックス・バファローズ

先発陣は金子の不調が気になるが、西、山岡、ディクソンあたりは安泰。アルバースや田嶋の加入でどれだけ戦力を底上げできるか。
リリーフはMLBに移籍した平野の穴を埋めるべく、増井を獲得。黒木、近藤、大山、金田あたりも期待できる。
野手はロメロを中核に、吉田正、マレーロ、T-岡田と大砲は揃っている。安達、西野、大城といった中堅どころ、それに宗や山足といった若い力も躍動しており、今年は面白いシーズンになりそう。

4位 千葉ロッテマリーンズ

MLBへの移籍を希望していた涌井が残留し、戦力ダウンは免れた。涌井に次ぐところでは石川、酒居、二木あたりが先発陣の軸になると思われる。あとはオルモス、ボルシンガーあたりがどこまでやれるか。リリーフは田中、大谷、松永、南、有吉、内、益田あたりが中心となるか。
野手陣は中村、平沢、三木あたりが伸びてきている。長打力不足が懸念されているチームだけに、井上やドミンゲスの活躍も上位進出のカギとなるだろう。福浦、荻野、根元といったベテランの活躍にも期待。

5位 東北楽天ゴールデンイーグルス

先発は則本、岸、美馬、藤平らが中心となるか。リリーフにもハーマン、福山、高梨、松井などがおり、投手はそれなりに揃っている。
野手はウィーラー、アマダー、ペゲーロの外国人トリオが脅威だが、攻撃としては一発狙いの大味な面も拭えない。岡島、島内、銀次、藤田、内田、今江あたりがきめ細やかなプレーができれば上位進出もあるか。

6位 北海道日本ハムファイターズ

大谷が抜け、エース不在の先発陣。高梨、上沢、加藤、ロドリゲス、マルティネスあたりが先発を務めることになると思われるが、先行きは不安。
リリーフは宮西、鍵谷、白村、トンキン、井口あたりはそこそこやれそうだが、投手陣の弱体化は顕著に見られる。
野手陣はメンツが揃っており、レアードや横尾は好調。西川や近藤も一年通して活躍すれば良績を残せるだろう。主砲・中田の復活と松本、平沼ら若手の成長も期待したい。

アトモス による Uncategorized への投稿 (Uncategorized)

17/10/09 オリックス・バファローズ 2017年総括   Leave a comment

さて、今日でオリックス・バファローズの公式戦日程が終了したので、早速総括を。

オリックスは63勝79敗1分で4位でした。今年もクライマックスシリーズ出場はなりませんでしたが、なんとか最下位は脱出ですね。

まず先発投手ですが、金子千尋は12勝を挙げ勝ち頭に。エースの責務は果たしましたね。ディクソンは今年も2桁勝利はならなかったものの8勝を挙げてローテを守りました。西はシーズン途中の故障で規定投球回には到達しませんでしたが、5勝を挙げましたね。
大活躍したのはルーキーの山岡。新人ながら8勝を挙げ、なかなかの成績を残しました。来季も期待したいですね。また、同じくルーキーの山本も、初勝利を挙げました。高卒ルーキーだしまだ伸びしろはあると思うので、いずれはローテの一角に食い込んでくると思います。
先発左腕として期待されたコーク、松葉、山崎福、山田はいずれも結果を残せず。左腕不足の懸念はありますね。

中継ぎでいいところを見せたのは、まずはルーキーの黒木。さすがにシーズン通して活躍はできませんでしたが、前半戦の活躍は見事でした。
更には2年目の近藤、ルーキーの小林、新外国人のヘルメンも中継ぎでまずまずの成績を残しました。左のサイドスロー、大山もようやく出番を得ました。

そして抑えは平野が29セーブ。期待に応えられない試合もありましたが、守護神としての役割は果たしたと思います。来年はメジャー挑戦も噂されますが、今後の動向に注目したいです。

捕手は若月、伊藤が激しいポジション争いをしました。やはり経験のある伊藤にアドバンテージはありますが、若月もそれに負けずに切磋琢磨してほしいですね。
山崎勝、伏見は出番が減りつつありますが、奮闘してほしいです。

内野手はベテランの小谷野、中島が奮闘をみせました。途中加入したマレーロも、一塁を守る機会を得ましたね。
中堅どころでは小島、西野が二塁争いを展開。遊撃は安達が潰瘍性大腸炎を患いながらも溌溂としたプレーを見せてくれました。
若手では大城、鈴木昂、宗、岡崎らが台頭。まだまだこれからの選手たちですね。

外野はT-岡田、ロメロ、吉田正と強打者が揃いました。T-岡田は全試合出場&31本塁打と素晴らしい内容でした。ロメロと吉田正も怪我もありましたが、いい成績を残しました。来季は怪我なく出場してほしいですね。
中堅どころでは宮崎、小田、それに若手は駿太、武田が定位置を争いました。来年はもっと力をつけて、定位置奪取できるところまでいってほしいですね。

さて、福良淳一監督は来年も続投。オリックスはもう一回り大きくなって、念願の優勝を目指して突き進んでほしいです。期待は高まりますね。

私は来年も、オリックス・バファローズを熱烈応援したいと思います。

17/08/18 短編ファンタジー小説「光と影 ~咆哮の丘~」をUP   Leave a comment

さて、唐突ではありますが、私が20年前くらいに書いた短編ファンタジー小説「光と影 ~咆哮の丘~」をpixivにUPしました。
かなり文章は荒いですが、個人的には思い入れのある作品です。
お時間がありましたら、読んでみてください。

本編
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8556763

あとがき
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8556845

17/08/13 ナゴヤドーム「中日×ヤクルト」を観戦   Leave a comment

今日は、東京に住んでいる30年来の親友を誘って、ナゴヤドームの「中日×ヤクルト」を観戦しました。

さて試合ですが、中日は吉見、ヤクルトは由規が先発でした。吉見は初回にヤクルトの4番、山田にタイムリーを浴び1点を失いましたが、なんとか踏ん張りました。
その裏の中日はルーキー京田が先頭打者で2ベースを放ってチャンスを作ると、大島がタイムリーでランナーを還し同点としました。
更に3回の中日はゲレーロが3ランを放ち勝ち越しに成功。更に6回に福田にも3ランが飛び出してリードを広げました。
吉見はリベロにもタイムリーを浴びましたが、7回を2失点で切り抜けましたね。

そして8回は又吉、9回は谷元のリレーで逃げ切りました。
7-2で中日の勝利。いやー、中日ファンとしては気持ち良かったですね。

試合後はナゴヤドーム前のイオンで親友といろいろ見て歩いた後、金山へ移動。金山の「マ・メゾン」でロースかつ丼を食べて帰りました。値段も「矢場とん」とそれほど変わらないし、味もまあまあでしたね。

17日にはまた親友と名古屋港水族館へ行く予定です。楽しみですね。