「04-00:メッセージ」カテゴリーのアーカイブ

17/01/01 2017年を迎え   Leave a comment

皆様、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

昨年は7年ぶりに初音ミクの新曲を書くことができ、また学生時代に書いた小説の改訂版もpixivにUPすることができました。クリエイティブな面では、前進できた年だったと思いますね。
今後も焦らず、作品発表をしていきたいです。

広告

アトモス による 04-00:メッセージ への投稿 (2017年1月1日)

16/09/06 過去に書いた短編小説をpixivにUP   Leave a comment

さて、誕生日お祝いのメッセージやメール、コメントを頂き、感謝しきりです。
お返しと言ってはなんですが、10年前に知人のサイトに掲載させていただいていた短編小説を、改めてpixivにUPしました。

ある霧の夜に

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7218969

あまりに文才がなさ過ぎて、恥ずかしい出来ではありますが、なんとか自分なりに頑張って書いたつもりです。
ちなみにこの話は、自分自身の実体験がベースになってます。

よろしければ目を通していただければ、嬉しいです。

16/09/06 また一つ歳を重ね   Leave a comment

さて、今日で私は38歳になりました。月日が経つのは早いものですね。

私は持病を抱えており、まだ一般企業では働けませんが、なんとか障害者向けの就労継続支援B型という作業所に通い、日々を過ごしています。

職員さんも利用者さんも明るくて、雰囲気はいい作業所です。

 

一日中寝込んだまま過ごしていた日々が何年も続いた時もありましたが、なんとかここまで這い上がることができました。本当に人生はサバイバルですね。

今後も少しずつ前に進めていけたらいいなと思います。日々「前進(漸進)」ですね。(私の座右の銘)

 

作曲活動は最近また再開しました。「初音ミクV3」を活用しようと思い、小品を1曲作っている最中です。とは言えまだオケも作りかけですし、ミクの声とも合わせていないのでなんとも言えないのですがw まあ、あんまり根を詰めても精神的に負担がかかるので、無理のない範囲で曲作りに励みたいです。

私の曲を期待してくれている人が果たしているかどうか分かりませんが、曲作りはたぶん一生辞めないと思います。楽しみつつ作品を創っていきたいですね。

小説執筆の方もできる余裕がないかも知れないですが、過去作品のリメイクや改訂、それに構想を練っている新作のネタもいくつかあるので、時間が許せば進めていきたいと思います。

 

それでは皆様、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

「名古屋コミティア」のメンバーズ活動について   Leave a comment

さて、私は名古屋コミティアのメンバーズ(ボランティアスタッフ)ですが、今後の活動を無期限休止することを決めました。

最近は患っている病気の具合も良くなく、それに人と接する仕事に対する不安感や恐怖感があり、責任をもって業務に励むことが難しくなったからです。

名古屋コミティアのメンバーズになったのはたしか2004年の秋だったと記憶しています。思えばもう10年以上もメンバーズを続けてるんですね。
VoiceやInfomationの版下作成作業も一度だけですが担当させていただき、充実感もあります。

今後も名古屋コミティアには何らかの形で関わっていきたいし、他のメンバーズの皆さんや仲良くなったサークルさんともお話ししたいので一般参加もするつもりでいます。

メンバーズの肩書は外れますが、同人界隈の方々、今後ともよろしくお願い申し上げます。

2016年を迎えて   Leave a comment

ちょっと遅くなりましたが、皆様、あけましておめでとうございます。

昨年は就労移行支援施設の利用期限(2年)に達し、就労継続支援B型に移ったのが大きな出来事でした。
なんとか作業にも慣れ、穏やかな日々を過ごしております。
作業所はいつも賑やかですね。調理実習やレクリエーションも数多くあって、楽しませてもらってます。
最近は体調が不安定で作業所を休むことも時々あるので、なんとか体調を安定させて健康に過ごしたいなと思います。今年の目標ですね。

皆様、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

アトモス による 04-00:メッセージ への投稿 (2016年1月4日)

オタクイベント界隈についていろいろ思うこと   Leave a comment

先日、ライブイベントのために香港へ行っていたぼろ丸さん(実弟)の日記を読んで、私も思うところがいくつかあったので、ちょっと書かせていただきます。

ぼろ丸さんの日記はこちら↓
http://ameblo.jp/chirashi3/entry-11996004849.html

ぼろ丸さんが再三、口にする、日本においてのライブマナーの悪さについて。 私は「アーティストに対する感謝、尊敬の気持ちが欠けている」のが原因であると前々から考えています。
もちろん、すべてのファンがそうであるわけではないのですが。
アーティストの皆さんは、ライブを盛り上げるために努力しているのですから、ファンとしてはそれに対する感謝、尊敬の念を持ってしかるべきと考えます。それはメジャーなアーティストでも、マイナーなアーティストにしても同じことです。 そういった気持ちがあれば、ファンが団結して皆がライブを気持ちよく過ごせるよう努力できると思うのですが。
しかし残念ながら、そうでないファンがいるのも事実です。お金を払っているんだから自分たちはお客様だと考え、サービスは提供されて当然と思っているファンもいることでしょう。だからアーティストに対する感謝、尊敬の気持ちも生まれないのです。結果、我が物顔でイベントに参加し、そして他人に迷惑をかけたり、イベント自体に支障をきたすトラブルを起こす一部ファンが出てくるわけですよね。

話がずれますが、私が創作活動(小説執筆、音楽制作)を始めたのはちょうどネットが普及し始めた頃でした。その頃から感じていたことですが、ネットが普及するにつれユーザー同士の関係が希薄になり、ユーザーが持つクリエイターに対する感謝、尊敬の気持ちも徐々に薄れていったように思います。
私は作品を作る側なので分かるのですが、作品を作るにはとてつもないエネルギーと精神力を要します。ですが作品を手に取る側は、そんな苦労は微塵も感じていないことが多い気がします。ネットが普及し、質の高い作品が無料で苦労もせず手に入るようになったのが要因だと思っていますが。
アーティストやクリエイターに対する感謝、尊敬の念がファンから薄れているのは、今に始まった話ではないのです。ネットが普及して確かに世の中は便利になったのですが、こういったデメリットも同時に生まれていると感じます。
Twitterでアニメやゲームの公式アカウントやクリエイターのアカウントが度々炎上するのも理由は同じことですよね。自分がお客様だからといって、作品が自分の思い通りにならないとキレて公式アカウントなどに攻撃リプライを仕掛ける。そんな事案も最近は増えた気がします。真に作品を愛する気持ちがあれば、そんなことはしないと思うのですが。

話を元に戻しましょう。アーティストやクリエイターに対する感謝、尊敬の気持ちがあれば、作品や表現のやりとりも気持ちよく進むと私は思うのです。
ネットが普及して殺伐とした世の中になってしまった今となっては難しいかもしれませんが、アーティストやクリエイターの作品に接する機会のある方は、その作品に関わる人全てをリスペクトする気持ちを持っていただきたいものです。あくまで理想論ですが。
でもそれだけで、皆が気持ちよくイベントを楽しめたり、作品に触れたりできると思うのです。

以上です。長々と語ってしまいすみません。読んでいただきありがとうございました。

新年のご挨拶   Leave a comment

皆様、あけましておめでとうございます。

昨年は就労移行支援施設に通いながら英気を養う一年でした。
11月〜12月は風邪や体調不良で休むことも多かったですが、以前よりは寝込むことも少なくなり、年間通して見れば体調は上向きになった一年だったと思います。

就労移行支援施設を利用できるのも今年の7月いっぱいまで。それまでに自分の身の振り方を決めなければなりません。一応、一般企業に就職する方向で話は動いていますが、今は施設へ通うのも休みがちになっているので、まずは毎日休まず施設に通えるようにならなければなりませんね。

自分の中では今年は勝負の年と位置付けています。なんとか自分の生きる道を切り開いていきたいですね。

あと、今年の夏は久々に横浜、東京へ遠征したいと思っています。関東に住んでいる友人、知人ともお会いしたいですし。浅草にも今のところ行く予定でいます。楽しみですね。

では、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

アトモス による 04-00:メッセージ への投稿 (2015年1月2日)