「03-03:競馬」カテゴリーのアーカイブ

21/01/01 今年の目標、気になることなどのまとめ   Leave a comment

皆様、あけましておめでとうございます。

さて、早速ですが今年の目標や気になること、やりたいことなどをまとめたいと思います。
長くなりますが、どうぞお付き合いください。

◎日常生活

私は長らく統合失調症を患っており、作業所(就労継続支援事業所B型)に通い始めて8年くらいになります。今のところは週2回、午後からの通所ですが、体調がなかなか安定せず、休むことも多いです。
まずは作業所に休まず通い、慣れてきたら日数を増やすのが目標ですね。それと同時に、午前から通所することもいずれは視野に入れていきたいです。

あとは、資格取得もぼちぼち進めていきたいですね。
今は日商PC検定(文書作成、データ活用、プレゼン資料作成)3級の取得を目指しています。いずれは事務の仕事をしたいと考えているので、Officeのスキルを磨きたいですね。それと余裕があれば、プログラミングのスキルも磨きたいです。

◎音楽制作

音楽制作は昨年の夏から活動を再開しました。
今のところ、Twitterのフォロワーさん2人から楽曲制作の依頼を受けているので、ゆっくりとですが制作を続けています。
今のところはDominoを用いてSC-8850の打ち込みの段階ですね。SC-8850は購入してから20年くらい経ちますが、未だに愛用し続けています。Windows10でも動いているので、まだまだお世話になる予定です。
あと、DAWは長らくSONARを愛用していましたが、一昨年くらいにCUBASEに乗り換えました。まだ使い慣れないので、ミキシングをしながら慣れていきたいですね。
また、昨年の終わりに初音ミクNTを入手したので、それも積極的に使っていきたいです。ボーカロイドは他にも初音ミク(V3、V4X)、鏡音リン・レン(V4X)、巡音ルカ(V4X)、MEIKO(V3)、KAITO(V3)を揃えたので、それも使いこなせるようにしたいです。日々精進ですね。

◎小説執筆

小説執筆も音楽制作の依頼楽曲が一段落したら、着手したいです。
昨年の頭から「Smoky Breath 2nd」の執筆を続けていましたが、音楽制作を優先するため執筆はひとまず休止しました。「Smoky Breath」シリーズは原案を作ってから20年近く温めていた作品で思い入れも強いですし、プロットは話の最後まで作ってあるので、なんとしても完結させたいです。
また、他にも書きたい小説の原案はいくつかあるので、それも形にしたいですね。高校生時代に初めて書いたファンタジー小説も、リメイクして再発表したいと前々から思っているので、それも余裕があれば進めていきたいです。

それと、今更ながら小説投稿サイト「小説家になろう」のアカウントを取得しました。今のところ、私は「pixiv」で小説を発表していますが、オリジナル小説は「小説家になろう」の方が反応がいいらしいので、物は試しでそちらでも小説を公開してみるかもです。
(俗にいう「なろう系」と呼ばれる小説はあまり興味はないのですがw)
とにかく物語を紡ぐのは大好きなので、これはライフワークとしていきたいですね。

◎野球

昨年もオリックス・バファローズと中日ドラゴンズを全力応援しましたが、オリックスは最下位、中日は3位という結果でした。
コロナ禍で試合は観に行けず、歯がゆい思いをした年でしたが、DAZNやテレビ中継で見る機会が増えました。

オリックスはシーズン途中から指揮を執った中嶋聡監督代行が今年から監督に就任したので、期待できそうですね。更には阪神を退団した能見をコーチ兼任で獲得し、昨季は楽天に在籍したロメロも復帰とのことで明るい話題もあります。山岡、山本のダブルエースに、首位打者獲得の吉田正尚といった若手も台頭しており、楽しみは尽きません。
昨年のドラフトでも山下、元、来田など有望な高校生を上位指名するなど、数年先を見据えたチーム作りをしてますね。将来は常勝球団になる可能性も秘めています。

中日は久々のAクラス復帰で、昇竜復活の兆しが見えてきましたね。投手陣では不動のエースに成長した大野雄大がFA宣言をせず残留したのは大きいですし、福谷、福、祖父江、ライデル・マルティネスなども台頭しました。野手陣も高橋周平が初の打率3割到達。ビシエドもしっかり4番の重責を担ったし、大島もベテランながらリードオフマンの役割をしっかり果たしています。
ドラフトでは地元期待の星、高橋宏斗を一本釣りで獲得。エースになるか注目したいですね。

今年のプロ野球開催もどうなるか分かりませんが、また球場で試合が観られるのを楽しみにしています。

◎競馬

昨年の中央競馬は、コントレイルがクラシック3冠、デアリングタクトが牝馬3冠を無敗で達成し、大いに盛り上がりました。同じく牝馬3冠のアーモンドアイと前述の2頭が激突した「ジャパンカップ」は見ごたえがありましたね。
アーモンドアイは引退しましたが、「宝塚記念」と「有馬記念」を制した牝馬クロノジェネシスもおり、今年もG1戦線を賑わすと思います。
3歳クラシック戦線も白毛馬で初めてG1を制したソダシや、ジャスタウェイ産駒初のG1馬ダノンザキッド、Frankel産駒のグレナディアガーズなど楽しみな馬が出てきました。とは言え、クラシック本番に向けてまだまだ有力馬が名乗りを上げてくると思うので、しっかり見ていきたいですね。

地方競馬も馬券の売り上げは堅調で、「JBCスプリント」で大井のサブノジュニアが金星を挙げるなど、盛り上がりを見せています。
東海公営(名古屋、笠松)も「駿蹄賞」と「東海ダービー」を制したニュータウンガールが「笠松グランプリ」で4着と健闘。力をつければまだまだやれると思いますね。

◎ゲーム

ゲームはコンシューマーでは「ぷよぷよテトリス2」と「ダービースタリオン」を少しずつ進めています。「パワプロ2020」や「ウイニングポスト9 2020」も購入しましたが、今のところプレイは止まってますね。3月には「ウイニングポスト9 2021」が発売されるので、買うかどうか考えているところです。

スマホゲームは「ミリシタ」が中心ですね。なんとかして萩原雪歩のSSRを手に入れたいですw
あと、「ウマ娘」も2月に配信予定なので、こちらもどんなゲームになるか楽しみです。

とまあ、長々と語ってしまいましたが、今年も盛りだくさんの一年になりそうです。
やることはいろいろあるので、メリハリをつけて物事をこなしていきたいですね。

以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

18/7/20~25 関東遠征まとめ   Leave a comment

さて、記憶が鮮明なうちに今回の関東遠征のまとめを。

7/20(金)

昼過ぎに自宅を出て、名古屋駅から新幹線に乗って新横浜駅まで行きました。その後は夕飯をコンビニで買ってから、鶴見のホテルにチェックイン。この日は特に出かけず、ホテルでのんびりしていました。

7/21(土)
あまり眠れなかったものの朝には目が覚め、JRと東京メトロを乗り継いで浅草まで行きました。
雷門の前で、東京に住んでいる親友と昼に待ち合わせました。その後は浅草周辺を一緒に巡り、商店街などを見て回っていました。
そして、その後は東京メトロで上野駅へ。上野公園をぶらぶら散策しながら話に花を咲かせていました。
そして上野からJRで信濃町駅まで行き、明治神宮球場へ到着。ヤクルト×中日を観戦しました。
ビジター席でしたが、親友は中日ファンなので喜んでいました。外野席だったので、声を張り上げて応援しました。
残念ながら中日はサヨナラ負けを喫してしまいましたが、楽しい観戦でした。
その後は親友と品川駅で別れ、鶴見へと帰還しました。

7/22(日)
朝はすっきり目が覚め、まずはJRで東京駅へ。少し買い物をした後、JR武蔵野線に乗って船橋法典駅へ。中山競馬場を少しだけ覗いてきました。いつか開催日に行きたいですね。
その後は南船橋で京葉線に乗り換えて海浜幕張駅へ。ZOZOマリンスタジアムまで歩いて向かい、開門直後に入場しました。
この日はロッテ×オリックス。もちろん、レフトビジター席です。やがて試合が始まり、声が枯れそうになるまで応援しました。試合はオリックスが負けましたが、日本初登板のローチや白崎、杉本、K-鈴木など初めて生で見る選手もいたので良かったです。
マリーンズショップで弟の奥さんへのお土産を買った後、歩いて海浜幕張駅へ戻ろうとしたところ道を間違えてしまい、ちょっと帰るのに時間がかかってしまいました。方向音痴っぷりが出てしまいましたね。
海浜幕張駅からJR京葉線と京浜東北線を乗り継ぎ、なんとか23時前には鶴見へ戻ることができました。

7/23(月)

この日も朝はすっきり目ざめ、まずは秋葉原駅へ向かいました。早速、電気街を巡り、アニメグッズやゲームなどをいろいろ買いました。ゲーセンもちょこっとだけ覗いたりもしましたし。
昼過ぎまで秋葉原にいましたが暑さで参ってしまい、昼過ぎには鶴見へ戻りいったん休憩。そして17時くらいになってから、川崎駅へ向かいました。
行先は川崎競馬場。川崎駅と川崎競馬場を行き来する無料バスがあったので、行くのは楽でしたね。
人生初のナイター競馬生観戦は迫力がありました。マイミクの養分AKIRAさんが教えてくださった名物コロッケも食べました。スパイスが程よく利いていて、美味でしたね。
少し疲れも出たので早めに競馬場を後にし、鶴見へ帰還。しっかり疲れを取りました。

7/24(火)

この日は友人の狼焔(Roen)さんと昼から横浜市内でカラオケをしました。
6時間歌いましたが、喉のコンディションがあまり良くなく、激しい曲はあまり歌えませんでしたね。ボカロやアニメ・ゲームの主題歌、それに懐メロとかも時々歌っていました。声のコンディションが悪くてTHE YELLOW MONKEYやMOON CHILDの曲があまり歌えなかったのが残念でしたが、無理せず歌いやすい歌を選んでいました。
狼焔さんは相変わらず歌が上手かったですね。本人は声が出ないと言っていましたが、私からすれば声が良く出てると思いました。
その後は夕食をご一緒し、話に花を咲かせていました。夜も更けてきたので狼焔さんと再会を約束し、帰路につきました。

7/25(水)

この日も朝に起きて、ホテルをチェックアウト。その後、横浜市内へ向かい、マイミクのえりゅもってぃさんとお会いして昼にお茶をしました。初めてお会いしましたが、物腰の柔らかい方でした。あまり長い時間お話はできませんでしたが、いろいろ話せて楽しかったです。
その後は家族と作業所へのお土産を買い、昼過ぎには新横浜駅から新幹線で名古屋駅まで。なんとか短時間で地元駅に着き、早く家に帰りつきました。

6日間に渡る長旅でしたが、本当に充実した旅でした。また今度、関東に行けるのはいつになるか分かりませんが、できれば来年も行きたいですね。

17/07/05 「ウマ娘」の行く末やいかに   Leave a comment

さて、最近気になっているコンテンツがありまして。

「ウマ娘 プリティーダービー」

https://umamusume.jp/

まあ、要するに競走馬の擬人化コンテンツです。
最近は軍艦を擬人化した「艦隊これくしょん(艦これ)」や、刀剣を擬人化した「刀剣乱舞」など、擬人化コンテンツがヒットを飛ばす例が数々あります。
今はネットラジオやマンガ、CDなどを展開していて、来年にはアプリとアニメのリリースを予定しているようですね。
7/1時点でウマ娘は59人に増えました。

コンテンツプロデューサーは、かつて「アイドルマスター」にも携わった石原章弘さん。ウマ娘達のキャストも「アイドルマスター シンデレラガールズ」に起用されている声優さんが多く、アイマスファンとしては気になりますね。

個人的にはサイレンススズカが好みですかね。アイマスで例えるなら、雪歩のような可憐で儚げな雰囲気と、千早のようなストイックな性格が堪らないですねw
あと、大食いで天然キャラのオグリキャップもなかなかいいです。

でもこの作品、競馬好きのアニメ、ゲームファンからはあまり評価されていないようで……運営もまだユーザーの反応を伺っている段階かもしれませんね。
噂によると、サンデーレーシングと金子真人ホールディングスの競走馬は馬名使用許可が下りなかったと言われていますが、真偽のほどは定かではないです。
(でも、ディープインパクトやキングカメハメハがいないのを見ると、やはりそうなのかなぁと思ってしまいますが)

ともかく、競馬&2次元アイドル好きとしては、今後の展開から目が離せないです。「ウマ娘」の今後を見守っていきたいですね。

アトモス による 03-00:雑記, 03-03:競馬, 03-04:ゲーム への投稿 (2017年7月6日)

17/04/20 ゲームをじっくりプレイする日々   Leave a comment

さて、今日「プロ野球 ファミスタ クライマックス」が届いたので、早速プレイしました。
ソフトバンクを相手にまずはオープン戦をやりましたが、操作に慣れず5-9で敗れました。まずは操作に慣れるのが先決ですね。クエストとかミニゲームとかも楽しんでいきたいです。

あと、それと並行して「ウイニングポスト8 2017」もプレイしています。まだ始めたばかりなので、マラケートの仔とキタノカチドキの仔が未勝利を脱出したところです。
史実馬ではサクラユタカオーとワカオライデンを入手しました。ワカオライデンは東海公営に縁のある血統なので、ダート路線でどれだけ走るか楽しみです。
なんというか、やっとシステムに慣れてきて「ウイポ8」の楽しさが分かりましたね。

GBA版「ベストプレープロ野球」と「ダビスタGOLD」はちょっとお休み中です。
ベスプレはオリックスでだいぶ進めましたが、まだ前半戦も終わっていないです。
ダビスタGOLDはターン40年目でまだG1が3勝のみという体たらくw なんとかG1で勝ち負けできる馬を生産したいですね。

アニメ版「アイマス」もしっかり踏破したいし、野球も見たいしで困りましたねw
あれこれ手を出しすぎてどれも中途半端にならないよう、時間を有効に使いたいですね。

アトモス による 03-00:雑記, 03-02:野球, 03-03:競馬, 03-04:ゲーム への投稿 (2017年4月20日)

17/04/05 薗部博之氏のゲームにハマる日々   Leave a comment

さて、ゲームもいろいろ積んでしまってますが、「ベストプレープロ野球」と「ダービースタリオン」シリーズはなんだかんだでじっくりプレイしています。
どちらもゲームクリエイター、薗部博之氏が生んだゲームですね。

私は「ベスプレ」と「ダビスタ」はほぼ全タイトルを集めるなど、生粋の薗部フリークです。
今はGBA版ベスプレと、ダビスタGOLDに熱を上げています。

ベスプレはデータを書き換えれば常に最新の選手データでプレイできるので、嬉しいです。一生遊べる野球ゲームですね。
もちろん、いつもオリックスでプレイしています。かれこれ10年以上はプレイしてますが、オリックスで優勝したことは一度もありませんw

ダビスタGOLDは世間の評価がかなり低いのがアレですけどw でも私は結構楽しんでプレイしてます。
ゲーム内の年数も37年目くらいに突入しましたが、なんとか牧場経営も軌道に乗り、いかにして繁殖牝馬の質を上げていくかがカギになってます。こちらも時間が許す限りプレイしていきたいですね。

「アイマスPS」や「ウイニングポスト8 2017」もプレイしたいので、なんとか時間を見つけてやりたいですね。

アトモス による 03-00:雑記, 03-02:野球, 03-03:競馬, 03-04:ゲーム への投稿 (2017年4月5日)

16/10/09 「笠松競馬秋まつり」に足を運ぶ   Leave a comment

10/9ですが、笠松競馬場に足を運びました。
競馬の本場開催はないのですが、「笠松競馬秋まつり」というイベントがあったので、面白そうだと思い、足を運ぶことにしました。

11時半くらいには笠松競馬場に到着。当日は馬場もパドックも開放されていたので、早速コースに入ってみることに。

直線からの眺めはこんな感じです。以前、知人が申し込んだ冠協賛レースを見に来た際、コースを車で一周しましたが、歩いて馬場に入るのは初めてですね。

正面スタンド前にはキッチンカーや屋台が立ち並んでいました。裏側からですが一枚。

残り100mの表示板です。こんな近くで見られるとは。ちなみにコースの内側は田んぼがあります。

ゴール板の写真も一枚。

1400m戦でいつもお馴染みのゲートも近くから撮りました。

パドックはラジコンカーの体験と、木馬体験の場所になっていました。
ラジコン体験は子供さんが喜ばれるでしょうね。

いつもとは明らかに客層が違い、若い人が多かったですね。子供連れの方もちらほらいました。
FM岐阜の公開録音もあって、正面スタンド前に設けられたメインステージの前には、たくさんの若い女性が座っていました。

しばらく公開録音を聴きながらのんびりした後、1時半くらいには笠松競馬場を離脱しました。

こういった割と大きな規模でのイベント開催は恐らく笠松では初めてだったんじゃないかなと思いますが、概ね成功したんじゃないかと思います。
これをきっかけに、笠松競馬に興味を持つ方が少しでも増えればいいなと思います。

アトモス による 03-00:雑記, 03-03:競馬, 03-07:その他 への投稿 (2016年10月10日)

16/08/27 【ゲーム】「ダビスタGOLD」をちまちまやる日々   Leave a comment

さて今更ながら、「ダビスタGOLD」を3DSでちまちまやってます。
世間では「クソゲー」と称され、Amazonのレビューも散々な書かれようですが、私はそれなりに楽しんでやってます。

なんとか牧場経営も軌道に乗り、資金も3億円を超えたので、牝馬を繋養する場所を拡張しました。これからじっくり牝馬の質を上げていかないといけないですね。これがまた地道な作業です。
セリでなるべく能力の高い牝馬を購入し、それを代重ねしていい繁殖牝馬を作りたいですね。

あと、ターン23年目にしてようやくG1を制覇することができました。とは言っても自家生産馬ではなく、幼駒セリ(1歳)で購入した牝馬でしたけどw
父はゴールドアリュール、母父Wild Againという血統だったので、ダート路線でひと稼ぎしてもらおうかと思い購入しましたが、デビューさせてみたら実は芝短距離向きだということが判明。3歳で「スワンS」を勝ち、明け4歳で「高松宮記念」と「CBC賞」を勝ってくれました。
5歳になっても力は衰えず「京都牝馬S」を57kgの酷量を背負いながらも制覇。まだまだ頑張ってもらい、そのうち繁殖に上げるつもりです。

今後は自家生産馬でG1を勝つのが目標です。これからもちまちまやりつつ、頑張りたいと思います。

アトモス による 03-00:雑記, 03-03:競馬, 03-04:ゲーム への投稿 (2016年8月27日)

「競馬ゲーム」について熱く語ってみる   Leave a comment

さて私は、競馬ゲームも大好きです。
今日はそれをちょっと熱く語りたいと思います。
完全に自己満足の話ですがご容赦を。

私が競馬に興味を持ったのは小学生~中学生くらいだったと記憶してます。
オグリキャップとか、メジロ三銃士(メジロライアン、メジロマックイーン、メジロパーマー)の時代ですね。
トウカイテイオーやライスシャワーも応援してました。
(ライスシャワーは予後不良と残念なことになってしまいましたが……淀に咲き、淀に散ったステイヤーでしたね)
中学生から高校生時代はゲーセンのメダル競馬ゲーム(ロイヤルアスコット)とかにはまってました。

私の周りで空前の競馬ブームが押し寄せたのが、ナリタブライアンが三冠を達成してから。(私が中学生か高校生になったかの時代)その後、「ダービースタリオン96」(以下、ダービースタリオンはダビスタと省略)がSFCで発売され、はまっているクラスメイトが数多くいました。
私も当時プレイしたかったのですが、受験勉強に励まなければならなかったのもあり購入は見送りました。
(話は外れますが、当時はドラクエシリーズにどっぷり浸かってました)

なんとか大学も合格し、島根県松江市に引っ越しました。SFCは妹や弟がプレイするので家に置いてきてしまい「ダビスタ96」はプレイできず(愛知に戻ってから中古で買いましたがw)
代わりにPS1を買って一緒に買ったのが「ブリーディングスタッド」というコナミの競馬ゲームでした。ゲームバランスは悪かったけど、それなりに楽しかったので熱中しました。
初期に手に入るブレイヴェストローマンの仔でいきなり「根岸S」を勝って初重賞制覇と幸先よくスタートを切り、トロメオの仔で「NHKマイルカップ」を勝ち初G1制覇。ポリッシュネイビーやミホシンザンなどの仔で「日本ダービー」を複数回制覇など、楽しませてもらいました。
最後はペンタイアの仔で殿堂入りを果たし、無事エンディングを迎えました。

そして大学1年の夏にPS1版「ダビスタ」が発売され、時間の余裕もあったので狂ったようにプレイしました。
思い出はホウヨウボーイの全妹がモデルの繁殖牝馬にポリッシュネイビーを付け、その馬(牝馬)が「福島記念」を制覇。さらにその馬を繁殖に上げ、ニホンピロウイナーを付けたら「マイルチャンピオンシップ」を勝ってG1制覇と結果が出たのが嬉しかったですね。こうやって血を繋げていくのがダビスタの醍醐味です。

一番やりこんだのは、同じくPS1の「ダビスタ99」ですね。
思い出は、ミヤマポピー(タマモクロスの半妹)がモデルの繁殖牝馬にメジロライアンを付け(たしかこれだと「見事な配合」か「考えた配合」になります)、そこから生まれた牝馬が「エリザベス女王杯」を制覇。もちろん繁殖に上げ、初年度にサンデーサイレンスを付けたら「宝塚記念」と「有馬記念」を制し、「凱旋門賞」にも出走しました。
(「凱旋門賞」は惨敗でしたけどw 勝負根性がなく、逃げでしか勝てない馬でした)
さらにその半弟(ブライアンズタイムの仔)も「菊花賞」を勝ち、優秀な繁殖牝馬でしたね。

ちなみに、私はダビスタシリーズで「日本ダービー」を勝ったことが一度もありません。
「ダビスタ99」においてサンデーサイレンスの仔で2着まで行ったことがあるのですが……確かセイウンスカイに負けた記憶があります。

あと、オグリキャップから名馬を出したくて、何度もリセットプレイを繰り返したこともありましたね。
クロスがきついので体質が弱い子が多く、「4歳牝馬特別」(現・フィリーズレビュー)をぶっちぎりで勝っても、脚部不安で「桜花賞」には出られないといったこともあり、なかなか上手くいきませんでしたけど。

社会人になってからはあまりやる時間がなくなり「ダビスタ」からはしばらく離れてましたが、GBAの「ダビスタ」で復活。その後「ダビスタDS」もやりました。
「ダビスタDS」はハンセルの仔で「CBC賞」を勝ち、なんとか重賞制覇は果たしましたが、牧場の資金繰りが苦しくなり、やり直そうとして牧場データを消してそれっきりですw

3DSの「ダビスタGOLD」も少しずつやってますが、13年やっていてもまだ重賞未勝利という体たらくw 高い種馬はなかなか付けられないので、マイネルラヴやロージズインメイといった中堅種牡馬を付け、なるべくレベルの高い芝中長距離は避け、芝短距離とダートに的を絞ってレースを勝ち続けたら、なんとか牧場の資金は貯まりました。
ダートを中心に勝ち準オープンまで行ったネオユニヴァースの牝馬を繁殖に上げ、さっそく大枚をはたいてTapitを付けました。ダートで活躍してくれることを願うばかりです。
ちなみに「ダビスタGOLD」の初期繁殖牝馬は偶然にもキャッチータイトル(メジャーエンブレムの母)がモデルの牝馬でした。もう売り払ってしまいましたが、ダイワメジャーを付けたらどうなってただろうかと思います。

あと「ウイニングポスト」(以下ウイポと省略)もはまりましたね。
メジロ牧場のファンだったので、牧場の所在地はいつも伊達にしてます。
PS1の「ウイポ3」は自分の選択した種牡馬で父系を築くのが目的なので、迷わずメジロライアンを選びプレイしました。ベガとの仔で「皐月賞」「日本ダービー」の二冠をいきなり達成したのは嬉しかったですね。
あとメジロドーベルがモデルの繁殖牝馬「メイジノーベル」が何を付けても活躍したので驚きましたね。サクラユタカオーとの仔が一番活躍した覚えがあります。
シーキングザパールがモデルの繁殖牝馬「シーキングザダイヤ」(まさか現実で息子の名前になるとはwww)ライデンリーダーがモデルの「ライジンロード」も所有して活躍馬を輩出してました。やっぱり現実で好きだった馬がモデルの仔で大レースを勝ちたいですね。

それと「ウイポ6」もかなりやりこみました。
架空馬ですがトウカイテイオーの仔、三冠馬サードステージは強いですね。初期は全く歯が立ちません。
私はメジロライアンの血を繋げたくて、また現実では早逝してしまったのでメジロブライトを中心に付けてました。オメガグレイスとの仔が「京都大賞典」を勝って種牡馬入りしてくれたので嬉しかったですね。(基本、メジロブライトはサンデー牝馬と相性が良かったです)
あと、メジロダーリングを購入し、ダイタクヤマトを付けてその仔で「セントウルS」を制覇しました。
ダイタクヘリオスとダイイチルビーというカップリングもありますが、親子二代でそういう運命的な縁のある馬っていますよね。

今は「ウイポ8 2016」をせっかく買ったので少しずつプレイしています。
まだプレイは最初の方なので初期牝馬でアンジェリカを購入し、テスコボーイとの仔、サクラユタカオーが産まれました。
なんというか自由度が高いダビスタにくらべ、ウイポは史実に忠実ですよね。
兄のサクラシンゲキが芝短距離G1を勝ちまくっているので、アンジェリカの繁殖牝馬としての評価はうなぎのぼり。これから付ける仔はセリで高く売れると思います。こうやって資金を貯めていくのもウイポの攻略法の一つですよね。
ちょっとずつですが頑張っていきたいです。

あと「ウイポ8 2016」は主人公やその子孫も結婚して血を繋ぐことができるので面白いですよね。
私はまだゲームの中でも独身ですし、秘書の「朝比奈すみれ」が好きなので早く結婚できるように頑張りますw

以上、完全自己満足の記事、失礼しました。

アトモス による 03-00:雑記, 03-03:競馬, 03-04:ゲーム への投稿 (2016年6月10日)