17/06/12 「アニサマ」禁止事項にて思うこと   2 comments

さて、今年のアニメロサマーライブ(アニサマ)の注意事項が発表されましたが、これが大きな反響を呼んでいます。

一番の注目は「咲きクラップ、MIX、コールなど、いわゆるオタ芸と称される応援行為も禁止します」と言う事項ですね。
「オタ芸禁止のライブ」これに対する反発もありますが、私はこれを苦肉の策ながらも、運営側の英断と評価したいです。

もちろん、過激なオタ芸で周りに迷惑をかけている厄介は少なく、善良なファンが大半だと思いますが、どこかで歯止めをかけないと収拾がつかない程度に問題は深刻だったのだと推測します。
(私は声優さんやアイドルのライブには行かないので実態は詳しく知りませんが)
皆が楽しく過ごせるライブにするには、致し方のない判断でしょうね。

話変わって、私はプロ野球の観戦によく行きますが、外野での鳴り物応援の是非も議論されたことがあります。「鳴り物応援なんてなくていい」という声もちらほら聞きますし。

ちなみにプロ野球では、鳴り物応援のリード(応援歌、コールの先導)は日本野球機構(NPB)から許可を受けた団体しか行えないことになっています。
許可されていない団体、個人がリードを行うと、当然のごとく注意されますし、下手をすれば退場させられます。

ライブと野球では、話はまた変わってくると思いますが、アニサマの件も運営がルールを決めた以上、しっかりとそれを守ってライブを楽しんでほしいと思います。
私ももし、野球の鳴り物応援が禁止されたら、文句を言わずそれに従うつもりですから。
人それぞれ意見があってもいいですが、皆が気持ちよくイベントを楽しめるのが第一です。

追記:現在の運営からの見解です→https://t.co/6Ab8M87bFQ

広告

アトモス による 03-00:雑記, 03-01:音楽, 03-07:その他 への投稿 (2017年6月12日)

17/06/12 「アニサマ」禁止事項にて思うこと」への2件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. 私は声優さんやアニソンが好きでよく行っているのですが、今回の騒動についてマジョリティが気にしているのは「コール」が禁止されていることだと思います。
    オタ芸と呼ばれるものにはいくつか種類があり、いわゆる厄介勢とされているのは「咲きクラ」や「MIX」といわれる行為です。それに対し「コール」は基本的にはアーティストの煽りや作曲者による(コールしてくださいという)意図がみえる間奏中での応援行為です。
    「コール」までも禁止されたらアーティスト側もやりづらいのはでないかという懸念や、なんなら全部バラード系なのかという心配があるのだと思います。

    長文失礼しました。

    もんちった
    • >もんちったさん
      コメントありがとうございます。
      声優さんやアニソンのライブ現場の話は弟から聞きかじった情報だけなので、詳しい情報をくださるのは嬉しいです。
      なるほど。コールが禁止されるのが問題なのですか。確かに、コールがなければアーティストとの一体感も薄れるでしょうね。
      なかなかいい落としどころを見つけるのは難しいと思いますが、トラブルなくイベントが進み、会場の善良なファンの方々が満足できるライブが行われるといいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。