17/03/03 今年のプロ野球順位予想   Leave a comment

さて、今年もプロ野球の順位予想をしたいと思います。

◎セントラルリーグ

1位 広島東洋カープ

若手が順調に育ち、チームは円熟期を迎えていると思います。
菊池・田中の二遊間も鉄壁で、守備のレベルも高いですね。
故障者が続出しなければ、セリーグ連覇は濃厚と見ます。

2位 読売ジャイアンツ

DeNAから山口俊、日本ハムから吉川光夫を獲得し、先発投手のテコ入れを行いました。
エース菅野をはじめ、投手陣は層が厚いですが、貧打解消が優勝の絶対条件です。
阿部、坂本、長野といった生え抜きに加え、移籍組のマギーや陽岱鋼が活躍すれば優勝もあると思います。

3位 横浜DeNAベイスターズ

打撃好調で昨年は久々のAクラス復帰を果たしました。梶谷、筒香、ロペスのクリーンナップはやはり強力です。
投手陣も先発、リリーフ共にレベルアップしていますし、今年もAクラスの可能性は十分あります。

4位 中日ドラゴンズ

昨年は最下位に沈みましたが、新外国人のゲレーロ、アラウホ、ロンドンが良さそうで最下位脱出ならできそうです。
野手では京田、遠藤、高橋、溝脇といった若手がどう育つか、注目の年ですね。

5位 東京ヤクルトスワローズ

一昨年の優勝から一転、昨年は故障者続出もあってBクラスに沈みました。
山田は大活躍していますが、それ以外にこれといった戦力アップも見られないので、今年も苦戦を強いられそうな気がします。

6位 阪神タイガース

主力が高齢化し、尻すぼみの成績に終わった昨季。
野手では高山、原口、板山、横田などが伸びてきてはいますが、もっと若手の台頭が見られないと上位進出は厳しいと思います。

◎パシフィックリーグ

1位 福岡ソフトバンクホークス

武田がエース格に育つなど、投打共に伸び盛りな選手が多いチームです。
柳田、内川、松田に加え、ロッテから加入したデスパイネもいて打線も強力。
キャッチャーは細川が抜けましたが、鶴岡、高谷がいるのでそう影響はないでしょう。
昨年の悔しさを晴らす優勝を見せてくれるかもしれません。

2位 北海道日本ハムファイターズ

投打で活躍する大谷を柱として、走攻守で隙のないチームですね。
外野は西川、岡に加え、ルーキーの森山も楽しみな存在です。
投手も高梨や増井が先発に転向し、層が厚くなりました。
まずAクラスは間違いないと思います。

3位 千葉ロッテマリーンズ

昨年首位打者の角中に加え、新外国人のダフィー、パラデスも良さそうです。
それに加えて中村、加藤、平沢といった若手野手が伸びてくれば面白いですね。
投手では関谷、二木あたりの躍進に期待したいです。

4位 東北楽天ゴールデンイーグルス

西武から岸、ソフトバンクから細川を獲得し、確実に戦力はアップしています。
今江の復活、そしてウィーラー、アマダー、ペゲーロといった大砲が機能すれば、上位進出もあると思います。

5位 オリックス・バファローズ

吉田正尚、大城といったルーキーが存在感を見せた昨季。さらなるレベルアップが求められます。
先発では金子千尋や西の復活、ディクソンやコークといった外国人の飛躍が上位進出への絶対条件ですね。

6位 埼玉西武ライオンズ

浅村、中村、メヒアといったクリーンナップは強力ですが、エースの岸が流出するなど投手弱体化に歯止めがかかりません。
今年はかなりの苦戦を強いられそうですね。

今のところ、こんな感じです。
今年も選手たちの白熱したプレーを見たいですね。

広告

アトモス による 03-00:雑記, 03-02:野球 への投稿 (2017年3月3日)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。