16/10/01 苦戦の中に見えた若武者の煌き(2016年 オリックス・バファローズ総括)   Leave a comment

さて、オリックス・バファローズの今シーズン日程が終了したので、早速総括を。

オリックスは57勝83敗3分でパシフィックリーグ最下位に終わりました。コーチ陣を幾度となく配置転換したりと、努力はしたのですが結果には結びつかずですね。
福良淳一監督も苦しい采配を強いられるシーズンだったと思います。

先発陣では西の10勝が最高でした。基本的に福良監督の采配は先発を引っ張る方ですが、勝利には結びつかなかったですね。エース金子千尋も7勝止まり。故障やアクシデントも多かったシーズンでした。松葉、東明も勝てない時には中継ぎに回ることもありましたね。
明るい話題としては山田が7年目にして初勝利。期待されながら勝てず、苦労をしてきたのを知っているので、初勝利の時は感慨深いものがありましたね。
山崎福也も先発、中継ぎとフル回転。来年はどちらで使うか分かりませんが、収穫も多い年だったと思います。

中継ぎでは塚原が54試合を投げました。きわどい場面で投げることも多く、しんどいシーズンだったと思いますが、オールスターゲームにも出場し、充実した内容でしたね。
ルーキーでは赤間が度々ロングリリーフするなど目立ちました。今年は大量リードでの登板か敗戦処理が主体でしたが、今後は先発、中継ぎの両面で期待できる選手ですね。
海田も中継ぎサウスポーの筆頭格として君臨しました。オリックスは中継ぎ左腕が少ないのが弱点なので、大山や八木、齋藤綱記や塚田などが来年も出番を貰えるのなら、頭角を現してほしいです。
吉田一将もセットアッパーとして54試合に登板。不調だった佐藤達也に代わっていい内容を見せてくれました。来年にも期待ですね。

抑えは開幕の時点ではコーディエが任されましたが、制球難で力を発揮できず、やはり平野に収まりました。58試合に登板し、31セーブを挙げました。防御率も1点台ですし、クローザーとしての役割は果たしたと思います。

捕手は高卒プロ3年目の若月が後半戦から頭角を現し、かつての正捕手、伊藤を脅かす存在になりました。後半戦は二軍暮らしが続いた山崎勝己らと、今後も正捕手争いをしてほしいですね。
若月はバッティングセンスがあるので、今後も攻守ともに磨きをかけてほしいですね。正捕手の座を奪取するのも時間の問題かもしれません。

内野手ではセカンド西野、ショート安達という二遊間が定着しました。どちらも守備・走塁は格段にいいし、バッティングにも確実性が出てきました。これからも注目していきたい選手です。
オリックスに移籍してきて2年目の中島も、後半は自慢の打撃を披露し、復調の兆しを見せました。今後もクリーンナップを任される存在でいてほしいです。
ブランコやモレル、クラークといった外国人助っ人は、出番がありながら持ち味の長打力を発揮できませんでしたね。やはり長打を打てる助っ人がオリックスには必要です。
ルーキーの大城や5年目の小島は、サードに外野にとユーティリティープレイヤーとしての才能を発揮。園部や奥浪、それに鈴木昂平や宗といったオリックスの今後を担う若手もチャンスを得ました。園部はプロ初ホームランを放つなど、目立つ活躍をしましたね。スラッガー奥浪もいずれは一軍でのホームランを狙ってほしいです。

外野手では糸井が53盗塁をマークし、史上最年長での盗塁王を確実なものにしました。打率3割も達成したし、充実したシーズンでしたね。来年もオリックスに残ってくれることを祈ってます。
T-岡田も20本のホームランを記録。かつてのホームラン王ですし、まだまだ記録は伸ばせると思うので、来年は豪快な一発に期待ですね。
それと、忘れちゃいけないのが、ドラフト1位ルーキーの吉田正尚ですね。ルーキーイヤーで10本のホームランを放ちました。故障もありましたが、実力の片鱗を見せてくれたシーズンだったと思います。今後が楽しみですね。
ボグセビックや駿太といったあたりはチャンスを貰いながらも打撃で結果を残すことができませんでした。特に駿太は守備、走塁は申し分ないので、後は打撃の確実性を上げるのみですね。そうすれば自然とチャンスも巡ってくると思います。
小田も代走・守備固めとして出番を貰う機会が増えました。今後も必要不可欠な選手であることに間違いはなさそうです。

原や縞田、それに宮崎や川端といった昨年活躍した面々も、故障などもあって今シーズンは出場機会に恵まれませんでしたが、来シーズンに向けて逆襲を見せてほしいですね。

今シーズンは苦戦続きでしたが、若武者の煌きは確かに感じ取れました。それがどう開花するか、楽しみは尽きません。
これから戦力外通告、ドラフト会議、それにFA宣言する選手の動向も気になります。

最後に、選手の皆さん、福良監督を含めコーチ陣の皆さん、それに裏方の皆さんも本当にお疲れ様でした。
我らファンは試合を見に行ったり声援を送ることしかできませんが、私はこれからもずっと、オリックスのファンでありたいです。それだけは確かな気持ちですね。

長文になりましたが、読んで頂きありがとうございました。
来季こそはAクラス! 期待してます。

広告

アトモス による 03-00:雑記, 03-02:野球 への投稿 (2016年10月1日)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。