16/07/27 山田修義投手に勇気をもらった夜   Leave a comment

さて、今日(7/27)ですが、ほっともっとフィールド神戸で行われた「オリックス×ロッテ」戦で、オリックス先発の山田修義投手がプロ入り初勝利を挙げました。

山田修義投手は高校生時代に、同じ敦賀気比高校出身の左腕、内海哲也投手(巨人)になぞらえ「内海2世」とも称された好投手でした。2009年の ドラフトでオリックスに3位で指名され入団。ルーキーイヤーから一軍マウンドを経験するなど首脳陣の期待も高かった投手ですが、勝利を挙げられぬまま時は 過ぎ、2014年には肘の手術を受けたために育成契約へと降格になりました。
しかし懸命にリハビリを続け、翌年の2015年には再び支配下に復帰。そして今日、2016年7月27日の先発マウンドで6回1/3を1失点で切り抜け、7年目にして念願のプロ初勝利を手にしました。

今日の山田投手が見せてくれた気迫のピッチングに、私もかなり勇気づけられました。
私もとある病気と長いこと向き合いながら生きていますが、時間はかかっても諦めなければどこかで道は拓けるということと、努力を怠らないことがいかに大事なことかということを実感しました。

山田修義投手、勇気を下さって本当にありがとうございます。私も諦めずに病気と向き合って、いつかよくなるよう地道に努力していくつもりです。

広告

アトモス による 03-00:雑記, 03-02:野球 への投稿 (2016年7月27日)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。