オリックス・バファローズ前半戦総括   Leave a comment

さて、プロ野球も前半戦が終了しました。早速、オリックスの前半戦総括を。

オリックスは前半戦、残念ながら最下位ターンです。とはいっても借金は3ですし、それほど悲観するような成績でもないですね。まだまだ上位は狙える位置にいます。

先発陣は金子千尋、西、ディクソン、井川、マエストリが奮闘してくれています。ルーキーの松葉を先発で起用した時もありましたね。それほど悪い内容でもなかったので、また先発登板する機会があればいいなと思います。

リリーフ陣は佐藤達也→平野佳寿の必勝リレーができたことは大きいですね。比嘉、岸田も勝ちパターンで投げることが多くなっています。ルーキーの森本も今後の成長があれば中継ぎの柱になるかもしれませんね。

捕手では伊藤がすっかり正捕手として定着し、安定した活躍をしていますね。ルーキーの伏見も時折マスクをかぶる機会を与えられています。鈴木や日高が去り、若返った捕手陣。これからの飛躍を祈っています。

内野陣では若手が台頭していますね。大引が抜けた穴をどうするか心配していましたが、安達、縞田、三ツ俣、それに巨人から来た山本、西武から来た原拓也も加わって激しい内野戦争が繰り広げられています。
4番の李大浩や、サードの定位置を守るバルディリスは安定した活躍をしてくれています。後藤は今、ファームに落ちていますが、逆襲を期待したいですね。

外野は要の坂口が開幕直後は不振も徐々に持ち直してきました。糸井も攻守にわたって期待通りの活躍を見せてくれています。
それに何といっても注目は駿太ですね。俊足と広い守備範囲は折り紙つきなので、あとは打撃が開花するのを待つばかりです。最近はヒットも増えてきているので、期待は高まるばかりですね。控えの宮崎、深江、ロッティーノも頑張ってほしいです。

DHでは高橋信二が大活躍しています。さすがは日本ハムの元4番ですね。チャンスにも強いですし。
T-岡田も時折DHで出ることがありますが、こちらはスランプに陥っていて心配です。早くこの状況から脱却して、豪快なホームランを見せてほしいです。

さて後半戦。前半戦の終わりがけは打線が不振だったので、野手陣には特に奮起してもらいたいですね。今のオリックス打線は得点力のある打線だと思っているので、チャンスをしっかりものにすれば大量得点が期待できると思います。後半戦の戦いぶり、それに森脇監督の采配にも期待したいですね。

広告

アトモス による 03-00:雑記, 03-02:野球 への投稿 (2013年7月18日)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。